ジーコジャパンレポート

2006.2.26 初練習

ドイツ・ボンでの合宿に突入した日本代表が同日、現地での初練習を行った。26日朝にジーコ監督や松井、またゼロックス・スーパーカップに出場していた浦和とG大阪の代表勢がフランスからドイツに到着。そのまま代表ホテルに合流した。

午後2時過ぎから行われた練習では、直前に試合をこなしてきた選手たちを別メニューで調整させることになったが、前日に試合をこなした松井や大黒、また宮本らは練習場に姿を現し、フルメニューに参加。また、稲本、中田英、中田浩、高原らは所属クラブでの試合に出場するために、同日の練習は不参加となった。

このため、練習自体は欠席者が多く、14選手のみ。それでも、中村や柳沢ら欧州組が久しぶりに合流するなど、雰囲気はよく、7対7のミニゲームなどで汗を流した。

7日にもボンで前日練習を行う予定で、そこで全選手がそろう見通し。28日に試合会場となるドルトムントに移動し、ボスニア・ヘレツェゴビナ戦を戦う。

>一覧へもどる