ジーコジャパンレポート

2006.2.20 フォーメーション変更

22日のアジア杯予選インド戦(日産スタジアム)に向けて日本代表は横浜市内のグランドで調整。はげいい雨が降る中、フォーメーション練習を行った。先発組はGK川口、DFが加地、中沢、宮本、三都主、MF小笠原、福西、小野、長谷部、FW久保、巻だった。インド戦はこれまでの2試合とは違い4-4-2のフォーメーションで臨むことが有力で1月に初選出されたばかりの長谷部が初選出することになりそうだ。時間がたつたびに雨が激しくなったためフォーメーション練習は短めで終了。ゲーム形式は行わなかった。シュート練習で締めたが、選手のコンディションもさらに上がっている様子だ。

>一覧へもどる