ジーコジャパンレポート

2006.1.30 体力測定

宮崎合宿2日目。午前中は筋持久力、瞬発力、持久力の測定を行った。筋持久力は腰を当ててジャンプ、次に腰から手を外してジャンプしその高さを測る測定。瞬発力20メートルのスピード測定。持久力はVMA(有酸素性最大スピード)と言われ、まずは125を45秒で走るところからスタート。15秒間の休みを入れ、毎回6・25メートルずつ伸ばしていく。45秒以内にゴールできなければ脱落する測定法だ。

2グループに分かれて測定し、1本目では小笠原が24本を走りきりトップ。
加地(23本)、宮本、坪井、長谷部(22本)と続いた。2グループ目では中沢が24本でトップ。三都主、駒野(23本)が続いた。

午後からの練習はバーベルを使った筋トレとグランド近くにある1周3・3キロあるコースでクロスカントリーを行った。ランニングとウォーキングを交互に行うインターバル走で、4周を終えると選手はすっかり疲れ切った様子だ。だが、各チームでの体力作りや自主トレなどで選手は体を作ってきており里内フィジカルコーチは「クラブの始動が早いということもあるだろが、レベルが高い結果が出た」と満足した様子だった。

>一覧へもどる