ジーコジャパンレポート

2005.10.9 キエフ入り

ラトビアとの親善試合を2-2で終えた日本代表は9日午前のチェーター機でリガからウクライナのキエフに移動した。便の若干の遅れもあり、午後2時過ぎに到着するとバスで宿舎に向かった。8日の試合後は自由時間をすごした選手たちはリラックスムード。2-0から引き分けに持ち込まれる展開だったが、その悪い後味は引きずっておらずウクライナ戦(12日)に臨めそうだ。ウクライナの到着時の気温は15度前後とリガと大差はない。到着後夕方から予定していた練習は急きょ中止。ホテルなどで調整した代表は10日から再び調整に入る。

>一覧へもどる