ジーコジャパンレポート

2005.10.4 リガ入り

ジーコジャパンがラトビアの首都リガの地に到着した。10月8日にラトビア、12日にウクライナと親善試合を行う日本代表は現地時間の4日午後11時時ごろ(日本時間の5日午前5時ごろ)、フランクフルト経由の便でリガの空港に到着した。ジーコ監督は来年のW杯の合宿地視察のため先にドイツに向かっており、Jリーグクラブ所属組の選手やスタッフらとはフランクフルトの空港での合流となった。欧州クラブに所属する各選手はそれぞれ、現地入り。ジーコ監督らが到着する直前に合流した中村俊輔(セルティック)や小野伸二(フェイエノールト)らを含め全選手が代表本体が到着する前に現地入りしていた。5日から練習を開始。10度前後と寒さを感じる現地の気候にも体を慣らす必要がありそうだ。

>一覧へもどる