ジーコジャパンレポート

2005.9.8 帰京

7日のホンジュラス戦で5-4で勝利を収めた日本代表のジーコ監督はJリーグ所属の選手らとともに仙台から帰京した。W杯本大会へ向けて第一歩を踏み出したジーコジャパンの次の相手は10月8日のアウエー、ラトビア戦。12日には欧州予選からW杯本大会への出場を決めた強豪ウクライナとも対戦する。

ジーコ監督に聞く

-中南米相手にやっと勝利を収めた。
「ずいぶんと待たせた。だが南米には勝っていない」

-南米のチームと対戦をしたいか
「それはどちらでもいい。強いチームとやれるならいい。自分たちがしなければならないことを構築しなければならない」

-小野も復帰するかもしれない
「あれだけ才能の有る選手。戻ってきてくれれば期待ができる」

-大久保(マジョルカ)や松井(ルマン)も招集するが。
「彼らにも期待している。もちろんチャンスを与えるつもりだ」

-Jリーグオールスター戦(10月9日)とラトビア戦の日程が重なる
「とにかくオールスターを最優先させることを選手には説明した。選ばれたらいってくれと選手には話した」

-オールスターの選手はウクライナ戦直前に遅れて合流となるのか
「多分そうなると思う」

>一覧へもどる