ジーコジャパンレポート

2005.8.5 田中達也が離脱

7日に東アジア最終予選、韓国戦(大邱)を控える日本は5日、当地で約1時間半の調整を行った。内容は実戦形式で登録の全23選手が参加した。
現在、1分け1敗で最下位。最終戦で勝っても優勝の臨みはないが、2分けの韓国に勝てば、順位は逆転し、意地を見せることは出来る。3日の中国戦にはスタメン全員を入れ替えて臨んだが、今回は主力組の疲労も抜けてきており、ベストな布陣で臨むことが予想される。
気がかりなのはFW田中達の負傷だ。この日、腰を痛めて練習を途中離脱しており、韓国戦への出場は微妙となった。今回初招集されて着実に結果を出しているだけに、最終戦でも活躍が期待されていた。故障の状態も心配される。

>一覧へもどる