ジーコジャパンレポート

2005.8.1 控え組が練習

7月31日の東アジア選手権初戦で北朝鮮に0-1で敗れた日本はこの日、大田の市街地で練習を行った。北朝鮮戦に出場した主力メンバーはGK川口以外がジムやプールで軽く汗を流し、その他の13選手が戦術練習やセットプレー練習などを行った。
戦術練習では、ジーコ監督も熱血指導。くさびからサイドを崩す練習などでは納得のいかないプレーに笛を吹き、細かく指示を送っていた。3日には2戦目の中国戦が控えており、チームの建て直しに着手。練習後は、「メンバーは明日(2日)の練習を見て決める。そのために、同じポジションに2人ずつの選手がいる」と話した。

>一覧へもどる