ジーコジャパンレポート

2005.7.27 追加招集に巻

台風一過のこの日は気温が35度まで上昇し、蒸し暑いなかでのトレーニングとなった。午前と午後の2部練習では、午前中の練習を、小笠原と本山が不参加となった。2人は翌28日に鹿島対マンチェスターユナイテッド戦に出場するため。このため午前練習は14選手のみの参加となった。
約1時間半の午前練習は大半がシュート練習に費やされた。400本近いシュートがゴールに飛び、決定力の精度を高めた。午後練習は戦術中心。ここでコンディション不良のために代表不参加となったFW久保竜彦(横浜Fマリノス)に代わり、FW巻誠一郎(千葉)が招集され、ここから合流した。巻は初代表。
戦術練習の後は30分1本の紅白戦が行われ、GKも含めて10対10のフルコートを戦った。レギュラー組と思われるメンバーはDF中澤、宮本、MF阿部、遠藤、加地、三都主、小笠原、FW玉田、大黒。14分に大黒が三都主のクロスを頭で決め、18分には田中達がゴール。1-1で終えた。

ジーコ監督のコメント

「巻はジェフですごくいい経験をしている。エリアの中でプレーしてナンボの選手。コンディションもいいし、ここにきてもらって彼のよさを出して欲しい。体もしっかりしている」

>一覧へもどる