ジーコジャパンレポート

2005.6.11 ドイツへ出発

日本代表は11日午前、コンフェデレーションズ杯参加のため成田空港に再集合しドイツ・ハノーバーに向けて出発した(宮本ら関西の選手は関西空港から出発)。コンフェデ杯は来年のW杯のプレ大会として行われ、各大陸のチャンピオンが集まって激突する。昨年夏のアジア杯を制した日本はアジアを代表しての出場となる。
B組の日本は北中米王者のメキシコと16日午後6時(日本時間17日午前1時)、欧州王者ギリシャと19日午後6時(日本時間20日午前1時)、世界王者ブラジルと22日午後8時45分(日本時間23日午前3時45分)からそれぞれ対戦する。グループ上位2チームが準決勝(25日、26日)に進出する。
A組はアルゼンチン、豪州、ドイツ、チュニジア。

また、この日DF中沢佑二(横浜M)が右ひざ関節炎のため離脱し、茂庭照幸(FC東京)が追加招集された。茂庭は12日に離日する。

>一覧へもどる