ジーコジャパンレポート

2005.5.25 鹿島アントラーズユースと練習試合

日本代表 7(前半2-0、後半5-0)0 鹿島ユース

▽得点者【日】宮本、大黒4、加地、本山

前半先発
GK川口、DF坪井、宮本、田中、MF加地、福西、小野、三浦、小笠原、FW大黒、鈴木

後半先発
GK土肥、DF坪井、宮本、田中、MF加地、福西、遠藤、茶野、本山、FW大黒、鈴木

キリン杯UAE戦(27日・国立)が控える日本代表は鹿嶋市内のグランドで鹿島アントラーズユースと練習試合(35分ハーフ)を行い7-0で勝利。この日合流したばかりの小野が先発出場し、早いテンポのパス回しと前線への絶妙なパスでチャンスを演出。また玉田と三都主が負傷のため別メニュー調整。先発した大黒が4得点を決めるなどアピールした。大黒は前半に相手のミスを奪い、DF2人を交わしてゴールを決めたほか、後半の32分には稲本のスルーパスを左足で豪快に決めるなど好調な仕上がりを見せた。

ジーコ監督コメント

「(小野は)体調がいいんだろうね。気持ち的に前向き。前向きなのはチームにもプラスになる。(中田、中村らが合流してからの)ポジションについては後で考える。頭痛のタメは薬を飲めば治る。(大黒は)UAE戦に出る可能性がある。先発?そうだ」

>一覧へもどる