ジーコジャパンレポート

2005.5.23 成田市内で二次合宿

日本代表は成田市内でUAE戦(国立)に向けた合宿をスタート。前日のペルー戦で先発したメンバーは宿舎のプールでトレーニングを行い、それ以外のメンバーは成田市内のグランドで2時間ほどの調整を行った。メーンはシュート練習。両サイドからのクロスに頭やボレーで合わせる練習や、DFがクリアしたボールをボランチの稲本がFWにフワッと上げ、それをシュートする練習などを繰り返した。
この日から左足首を痛めて別メニュー調整を続けていた加地が合流した。
また高原がドイツから帰国。24日午後の練習から合流する。

>一覧へもどる