ジーコジャパンレポート

2005.2.10 帰国

激戦を終えたジーコ監督はこの日、急遽、ブラジルに向けて出発した。当初は北朝鮮後も日本に何日か滞在する予定だったが、都合が変わって帰国することになった。基本的にはオフとなるため、母国でつかの間の休息を取る予定だ。

-北朝鮮戦を終えて率直な気持ちは?
「大きな目標だったホームでの第一戦で勝ち点3を取るということを達成できた。弾みがついたし、これからも地に足をつけてやっていきたい」

-帰国の理由は?
「この時期はJリーグもない。今回の合宿で普段の休みを短縮していたので、プライベートな時間を過ごす。10日前後で戻ってくるし、26日のゼロックス(横浜M-東京V戦)も観る。それからは通常通りの生活に戻る」

-3月下旬の試合(イラン、バーレーン)に向けた修正は?
「昨日の試合で残念なことに三都主、田中がカードをもらって次の試合に出れない。三都主の穴は三浦が埋めてくれると思う。あとの全体的なことはドイツ合宿で修正したい。3月22日にはイランに移動する予定だ。自分たちのサッカーを確認したい」

-声援してくれたサポーターに関しては?
「本当に昨日はスタジアムで、テレビで見てくれた人たちが代表の勝利のために温かい声援や後押しをしてくれた。勝利を見せられて良かったと思う。今度も一丸となってイラン戦に向かっていきたいと思うので応援してほしい」

-昨日はイランとバーレーンが引き分けたが?
「(B組で)首位だね」(笑)

>一覧へもどる