ジーコジャパンレポート

2005.2.5 2部練習

日本代表はこの日、午前と午後の2部練習を行った。いずれもシュート練習を組み込み、フィニッシュの精度を磨いた。特に午後は4パターンのシュート練習を実施。DFの頭越しにボールを放り込み、その折り返しを飛び込んだ選手がシュート。また、両サイドからのクロスを1人が折り返して、中央にいる選手がシュート。クロスを直接ダイレクトで打つパターンも行った。この日のシュート数は数百本にまで上った。
午後練習の最後には右ウイングバックの加地がサイドの突破からクロスを上げる練習を実施。ジーコ監督の兄であるエドゥーTAが付きっ切りで指導していた。
また、午前中にDF坪井が背中に痛みを感じ、午後はホテルで静養した。

この日はエドウの誕生日。ホテルではケーキが用意された。
写真は用具係の麻生、服部、そしてアツコさん

>一覧へもどる