ジーコジャパンレポート

2005.1.20 一部練習に変更

W杯アジア最終予選の初戦、北朝鮮戦に向けて宮崎合宿を張る日本代表は同市内のグランドで練習を行った。ジーコ監督は午前の予定していた午前の練習を中止にした。宮崎は強い風が吹き、19日から昼でも気温が上がらず。フィジカルトレーニングをやるには適していないと判断された。代わりにプールでトレーニングを行った。
午後からは里内フィジカルコーチのもとで、1時間ほどのサーキットトレーニングを行った。ジグザグのダッシュやジャンプを交えた瞬発系のメニューなど数種類を順番にこなしていった。この日に別メニューは三浦(東京V)。体調を崩して離脱していたDFの中沢(横浜)は合流した。この日ジーコ監督はコメントしなかった。

>一覧へもどる