ジーコジャパンレポート

2004.11.17 シンガポール戦

ドイツW杯のアジア一次予選最終戦で、すでに最終予選進出を決めている日本代表は埼玉スタジアムでシンガポールと対戦。FW玉田圭司(柏)のゴールで1-0で勝利を収め、一次予選を6戦全勝でしめくくった。
序盤から圧倒的にボールを支配した日本は前半2分に右クロスを小笠原が右足であわせ決定機を作る。その後も12分には小笠原のミドルをGKがはじいたところに本山がつめたがシュートはヒットせずゴールならず。しかし13分に本山のスルーパスを受けた玉田が左足で角度のないところから決めて先制した。
その後も圧倒的に攻める日本。前半18分には右FKからDF松田がヘディング。後半12分にも右クロスを玉田がヘディングで合わせるがいずれもGKに阻まれた。1人の選手に2、3人とマークがつき、完全に引いて戦うシンガポール相手に思うように追加点を奪えない。後半終了間際にはカウンターからピンチを迎えるがGK土肥が好セーブを見せゴールを割らせなかった。

メンバーはGK土肥、DF加地、宮本、松田、三浦、MF小笠原(後半35分三都主)、遠藤、中田浩、藤田(後半14分大久保)、FW玉田(後半27分鈴木)、本山

ジーコ監督の会見

-今日の試合について。
ジーコ監督「一番大きな目標である一次予選全勝で終われた。その目標は果たせた。ボールをキープできてチャンスを作れたがシンガポールのマークがよく、寄せも速かった。うちの攻撃からGKのファインセーブを引き出すようなプレーもあったが追加点は奪えなかった。シンガポールもチャンスらしいチャンスは最後の1度だけ。いいGKは相手の1本しかないかもしれないチャンスにしっかりと対処できる。土肥は特徴を生かしたプレーを見せた」

-一次予選を振り返って。
「6戦全勝、失点は1、この辺を見ても非常に成長したといえる。大会大成功だったと思う。チームは進化してきた。国内、海外問わずチームとして1つにまとまってきた。それがチームとしての結果につながる。コンスタントに試合に出ていないこともあり、今日は流れの中でうまくいかないこともあったが、負けない強さがついてきた」

-今日は1点にとどまった。
「予選の一番大事な目標は勝つこと。勝てたことに満足。1つのボールに2枚、3枚がついてシンガポールは本当にいい守備を引いてきた。サッカーは面白いもので、1、2本のチャンスを物にしてしまうこもあれば、完全にボールを支配しながらゴールは入らないこともある。チャンスを作り出しその1点で勝てたことには満足している。今日はたくさんチャンスがありながら1点しか入らなかったが、それでも勝つことができたので満足している。もちとんチャンス自体を作り出せない、あるいはシュートの数が少ないというのなら、深刻な状況だが、それとはまったく違った展開だったから満足している。

-三浦知や中山といったベテランを呼ばなくてよかったと思うか?
「彼らは実際に今日はプレーしてないわけだし、今回の決断でのチームでよかったのか悪かったのか、答えるのは難しい。ただ、彼らもJリーグでプレーしているわけで、このピッチにいたら、これまで培ってきた経験を生かすことで、違った結果になっていたかもしれない。
実際、今いるグループで何かをやるというのが大きな目標だから。ただし私自身、彼らへの感謝や敬意というものは変わってない。今でもプロとしてやっているわけで、実際に代表に呼ばれても、ある程度は自分たちのサッカーを見せてくれたと思う」

-中盤のプレーは物足りなさを感じたがその部分は、中田英や中村といった個の力で補うのか、それともチームとして補うのか?
「前回のシンガポール戦では、今のメンバーとは大きく違い、中田英や中村が中盤にいて、2-1という今日以上に厳しい試合だった。もちろんチームとしての打開策も大切だが、両方が重なっていかないと、いい結果は出ない。オマーン戦を戦ったのは、いつもの固定されたメンバーでだいぶゲームをこなしていた。(彼らが出場していれば)流れも違っていたとは思う。今後を考えて、個の力を上げていくことももちろん大事だが、さらに厳しい予選を勝ち抜くためには、チームや連係での打開策も必要。そこの兼ね合いがサッカーでは大切だ。今日のメンバーでは勝てないということではなくて、回数を重ねていけば連係も出てくるし、平行してやっていくのが一番いい形だとは思います。

-今日の大久保について、今後の招集について
「来月のドイツ戦のことなどを聞かれても答えられない。自分は、その時にベストな選手、力をキープしている選手を招集していく。大久保も他の選手も、すべてに資格がある。最終予選自体が来年の話。近くになったときに、選手のチームへの貢献度とコンディションを見て判断する。
あと今日のプレーだが大久保は途中出場でありながら、非常にいいシュートを放ってたし、自分でドリブルで持ち込んだりと、彼の積極性のあるいい面が出ていた。彼をA代表に引き上げたのは自分であると自負しているし、コンフェデ杯にも連れて行った。彼の資質は高く評価している。ただ、彼以外の出場しているFWが結果を出している状況を考えると、レギュラー、スタメンを目指すのであれば、もっと頑張ってもらわないといけません。切磋琢磨(せっさたくま)することで、伸びていってほしい。我慢を望みたい」

-中田浩と遠藤、小笠原も下がりすぎていたようだが?
「シンガポールに形らしい形、チャンスらしいチャンスがあったのは最後の1回。守備面でそれを考えると、決してポジショニングは悪くはないと思う。相手の攻撃に対して、火消し役としてDFの前から最初に当たるのがボランチ。相手がサイドから攻めてきたときに、引きずられていった。どちらかというと、つるべのような形、どちらかがサイドに引いたときにもう片方が中央をカバーするような形、あるいはDFが出て行ったときにカバーする形、そういった役割は今日はできていた。
われわれのチームの場合、誰がこの位置に戻って、というようなパターン化はしない。本山がFWに近い形から危ないと思って下がってきたとき、誰かが前をカバーしていればバランスさえ崩さない形で(選手たちに)自由を与えている。小笠原の場合も危ないと判断すれば下がるし、飛び出すときもある そういう意味で、特に中央にスペースが空いていたというようなことは感じなかった。逆にボランチがもっと縦へ飛び出すような動きがあればよかった」

>一覧へもどる