ジーコジャパンレポート

2004.11.15 再集合

W杯一次予選のシンガポール戦(17日・埼玉スタジアム)に向けて日本代表はさいたま市内のホテルに再集合。午後から練習を行った。ランニング、パス回し、ダッシュなどで体を温めた後は8対8のミニゲーム。ビブス組は土肥、加地、三浦、小笠原、本山、藤田、遠藤、玉田、ビブスが無い方は楢崎、松田、中沢、宮本、福西、鈴木、大久保とスタッフが入った。15分ほどのゲームでビブス組の玉田と藤田がゴールを決めた。その後はシュート練習。いつものように正面からやサイドからなど数種類の練習をこなした。
田中誠は右太もも、三都主は右ひざを痛めて別メニュー調整した。

ジーコ監督のコメント

-再集合しました。
「今日もいい練習ができた」

-練習後に三浦淳にシュート練習をさせていました。
「特別なことを言ったわけじゃないよ。前を向いたら積極的にということ」

-本山や玉田はけがが心配されたが。
「2人とも非常によかった」

>一覧へもどる