ジーコジャパンレポート

2004.11.10 代表合宿

合宿2日目のこの日は午前、午後の2部練習が行われた。
午前中はボールを使ったトレーニングメニューが中心で、パス練習やミニゲームを実施。ミニゲームではタッチ数を制限してシュートまで持っていくなど、選手に明確な狙いを持たせた。
午後はフィジカル練習が中心。DF三都主、MF遠藤が別メニューで調整し、DF松田も腰痛を訴え、グラウンドに姿を現さなかった。

ジーコ監督に聞く

-今日のミニゲームはシュートを意識?
「パス5本目までにはシュートを打つ練習をした。2本目でスペースがあれば、シュートする、という練習でもあった。実戦ではそういう場面が多い。とにかく早めに打てということ」

-試合は4バックで臨むが。
「選手の一番やりやすいやり方でやるということ」

-システムは選手を見て決めた?
「そういうことだ」

-明日の練習試合も同じような形でやる?
「腹痛とかがなければそのままでいくよ」

11日には練習試合を行うことが決定。その後一時解散し、15日に再集合する。

>一覧へもどる