ジーコジャパンレポート

2004.11.5 W杯アジア1次予選、シンガポール戦(11月17日・埼玉)メンバー発表

いろいろな意味で注目を浴びたシンガポール戦のメンバーがようやく発表となった。

メンバーは18名で以下の通り。
GK楢崎正剛(名古屋)、土肥洋一(FC東京)
DF田中誠(磐田)、宮本恒靖(G大阪)、松田直樹(横浜FM)、三都主アレサンドロ(浦和)、三浦淳宏(東京V)、中澤佑二(横浜FM)、加地亮(FC東京)
MF藤田俊哉(磐田)、福西崇史(磐田)、小笠原満男(鹿島)、本山雅志(鹿島)、中田浩二(鹿島)、遠藤保仁(G大阪)
FW鈴木隆行(鹿島)、玉田圭司(柏)、大久保嘉人(C大阪)

ジーコ監督のコメント

「こんにちは。前回の試合で最終予選への切符を手に入れてシンガポールにも今まで通り勝利を確信しながら、いつも通りに真面目に戦って6勝目を狙いにいくというのが率直の感想だ。特に数名の海外から参加してくれてきた選手については彼らの活躍なくしては1次予選突破はなかったし、クラブの方々にも練習から選手を出してくれるなど協力してくれて感謝している。オマーン戦が終わってから、海外の選手はもともと呼ぶつもりはないと彼らに伝えていたし、クラブにもそういう風に伝えていた。彼らはもちろん私が来てくれと言ったなら気持ちよく来てくれるのは分かっている。ただ、移動に伴う消耗などを考えるとすでに最終予選にいくことも決めているし、無理に招集する必要はないと判断した。メンバーは18名」

-ジーコ監督が考えていた功労者を呼ぶプランに関しては?
「ご指摘の通り、オマーン戦の後で1つの提案をした。日本サッカーに貢献してくれてまだ現役でやっている選手に対し、重要な試合の中で感謝の意を表したいという気持ちははっきり言って今も変わっていない。ただ、今回の事情は、自分が一つの提案としてこの話を出したわけだが、オマーン戦が終わってから自分がブラジルに帰国したために、距離的な問題でこの話が独り歩きした感がある。中には、フェスタという祭りというような意味でとらわれてしまった部分もある。だが、自分としては基本的にはどんな試合でも相手に対する尊重を欠いたことは現役時代からないし、今回のシンガポール戦でも、たまたま最終予選進出が決まっている試合だが、それでも勝ちにいく、真剣に試合に取り組む姿勢は全く変わっていないから、そのようにとらえられたことは非常に驚いた。
今回、このように今あるグループの中から18名を選ぶ決心をしたのは、やはり選手からの声によるもの。キリンカップからアジアカップ、W杯予選と非常に長きにわたって出場のチャンスがない選手がチームを盛り上げるために役割を果たし、5分でも1分でも出場した際には国のためにチームのために努力してくれている選手たちの声、ぜひとも実戦の雰囲気の中でという要望を自分は受け入れてこういった形にした。この決断に至るまで、協会の方々とよく話し合い、最終的には人選に関しては一任していただけるということだったから、選手の声を率直に受け止め、今回の試合でできるだけ持っているものを出してほしいという自分の期待も込めて、こういった決定となった」

-選手の声は日本サッカー協会の田島技術委員長を通して聞いたのか?
「自分と一緒に長く仕事をしている選手たちだから、その声を聞くために田嶋さんや川淵キャプテンにお願いする必要はない。今回は、通訳の鈴木の方へ選手の実際の声を聞いてくれと依頼して、実際に選手と話し、忌憚のない意見を聞いた」

-大久保の選考に関してと中田と稲本の招集を見送ったことに関しては?
「中田に関しては、ブランクからやっと立ち直ってきて、先日のイタリアカップでの試合でも表情に非常に余裕が出てきたというか、プレーの切れも随分戻ってきたようだ。ただし実際のところ、所属のフィオレンティーナに専念することが、今の時点ではベストだろうという自分の考えだ。けがのことに関していえば稲本も同じで、非常に長いブランクから必死にコンディションを取り戻そうとしているので、ことさら今回のゲームで2人を招集しようというのは、先ほど言ったように移動の負担もあるから、それらを総合的に判断した上で、2人の招集は見送った。大久保は、チーム自体が残念ながらあまりいい成績ではない中、非常に頑張ってチームの中で良いプレーを続けている。得点に絡む部分も非常に多いし、それを代表の中で生かしてほしいとういことで彼を招集した」

-現段階でスタメンの構想は?
「土肥、加地、松田、宮本、三浦、遠藤、中田浩、藤田、小笠原、本山、玉田というメンバーをスタメンを考えている。 本当に残念なのは茶野。数日前に負傷し、今回の試合には間に合わないということで、ずっと頑張ってきてくれたのだが、非常に残念だ。久保もまた腰痛で、彼も長い間一緒に戦ってきているわけだが、今回はこういった事情で出場できない。非常に残念だが、けがなので仕方ない。合宿に前後してJリーグ、天皇杯の試合があるから、すべての参加選手はそれぞれのクラブに戻って試合に参加してもらう。10日にJリーグがある。今回のメンバーでは楢崎と玉田がチームに戻って試合をする」

-システムはどう考えているか。
「4バックか3バックかということは、いつもの練習や試合から想像してほしい」

-功労者への試合は実現させたい?
「今の段階で具体的なことはないが、日本代表の礎を築いた選手が現役でやっているうちにとは思っている。自分も現役を長くやってきて、そういう機会を与えられた時は感動した。できるだけ具体的になればいいと思う。いつどこでというのは協会のほうで考えてもらいたい。具体化されればいいと思う」

-鈴木通訳は選手にどういう声をどのくらい聞いたのか?
鈴木通訳「実際に一人一人全員に聞いたわけではないが、オマーンが終わったあとの車中の中や電話で聞いた。今度は自分たちのチャンスという声が多かった。その中でリーダー格の選手たちにも確認したとき、感心したのは自分自身の役割、試合に出る出ないに関わらず、自分たちがW杯に連れて行くんだという強い気持ちに感動した。試合でも雰囲気を味わいたいという声がほとんどだった。そういうことを監督に伝えた。どの選手とは名前は言えないが」
ジーコ監督「経緯を付け加えると、試合の後に自分がオマーンからブラジルに帰ったので、こちらにいれば、直接意見を聞けたのだが、そういう事情があった。チャンスのないメンバーに関しては感触を探ってくれと言っていた。彼らは積極的にやりたいとのことだった。最終予選が決まっていてクラブのほうにも迷惑かけたくない気持ちはあったが、総合的に判断するとこの一試合が彼らの将来に役立つのであれば、当然、自分はそれに重きをおこうと思っていた。彼らも自分も強く出たいと言っていた。彼らなくして数々の勝利は絶対取れなかった。本当に自分が誰をだそうかと考える、レベルの変わらないようなベンチ、気持ちと能力があれば、どこにいっても結果が出せると思っている」

-AFCからの(「ベストメンバーを選んでほしい」)というレターは影響したのか?
「そういうレターがあったとのことだが、自分が思ったのは何の権限があってAFCが選手を選ぶ監督である自分にそういうことを言えるのか、ということ。だったら、AFCが日本の監督になればいい。逆に彼ら(功労者)はまだ現役でJリーグという高いレベルで戦っているし、選手にとっても私にとっても失礼だと思う。川淵キャプテンからは選考やピッチ内のことも信頼してもらっているし、100%任せると言われている。自分は代表に値する選手であればだれを選んでもいい立場にある」

-大久保の選考に関して、どういう部分を期待して?
「オリンピックは関係ない。調子を保っているし、彼を純粋に選んだ。その選手がいかに長期のタームで好調を維持しているか、チームに貢献しているかが重要。得点に絡んでいる、自分も得点している、キレがあると感じてたし、大きな期待を持って呼んだ」

代表合宿は9日からスタート。11日に一時解散し、15日から再集合して、シンガポール戦に臨む。

>一覧へもどる