ジーコジャパンレポート

2004.10.13 W杯アジア1次予選、オマーンー日本戦(マスカット、スルタン・カブース・スポーツコンプレックス)

オマーン 0-1(前半0-0) 日本

得点者【日本】鈴木
日本はアジア1次予選突破!!!!!

負ければW杯出場が絶望となる大一番。しかし、日本は手堅いサッカーで最終予選への切符を手に入れた。合宿中には豪雨や台風に襲われ、様々な障害が立ちはだかったが、ジーコ・ジャパンはものともしなかった。
開始早々は相手の積極的なプレーによってピンチを招く。前半2分、左サイドからのクロスにGK川口が飛び出すが、こぼれ球がMFガイラニへ。無人となったゴールにシュートを打たれるが、MF加地が間一髪で守備に入り、防いだ。2分後にはFKからMFアルムハイニが飛び出し、至近距離からシュート。それもわずかに枠を外れた。先制点が命取りになる展開で、冷や汗の連続。駆けつけた約600人の日本人サポーターも息を呑む。スタジアムを埋め尽くしたオマーン人は自国の攻勢に一層、盛り上がった。
しかし、この2回の決定機を凌いだのが大きかった。日本はそれ以後、落ち着きを取り戻した。相変わらず相手のシュートは多いが、ポジションチェンジを繰り替えず相手の中盤にもしっかりとチェックにいき、攻められながらも、要所で守りきった。前半31分には前線でFW高原が相手のボールをカットし、そのまま左足で強烈なシュートを放った。これが日本の初シュート。GKにパンチングで防がれたが、日本のリズムを取り戻しつつあった。
後半7分、日本の決定的な場面が訪れる。中央左よりのリスタートにMF小野がキッカーを務める。MF中村が引いてボールを受けるふりをして、左前方のスペースへダッシュ。最高のタイミングで小野からパスが送られる。左サイドをえぐった中村がゴール前へクロス。ファーサイドに飛び込んだFW鈴木が頭で先制ゴールを押し込んだ。ジーコ監督が両こぶしを握り締める。ピッチの一角には日本のイレブンによる歓喜の輪ができた。
その5分後、逆に最大のピンチが襲った。GK川口が飛び出したところをFWホスニがシュート。日本ゴールは完全に無防備だった。しかし、ここにいち早くカバーに入ったDF田中が体でセーブ。日本の窮地を救った。
後半19分にはさらに不運が押し寄せた。日本ベンチ前で強烈なバックチャージにより倒された中村を見て、ジーコ監督が激怒。主審に向かい、両手を広げてアピールする。「警告でもいいのでは」という雰囲気が伝わった。隣にいた鈴木通訳もジーコ監督の動きに同調する。この瞬間、主審は日本ベンチに駆け寄ってきた。監督が退席処分になってしまうのか?その危機的状況を救ったのは鈴木通訳だった。ジーコ監督より前に出ていた分、審判の目を引いたのだろう。監督に代わって、退席処分を言い渡された。前代未聞の通訳の退場。しかし、これが司令塔となる監督だったとしたら、日本にとっては壊滅的なダメージとなったはずだ。鈴木通訳はしぶしぶベンチを去ったが、ジーコ監督を救う形となった。
その後、日本は1-0のリードを守りきり、勝利を収めた。来年の最終予選への切符も手に入れた。大一番を制した日本のベンチは歓喜に満ち溢れ、ジーコ監督はスタッフや選手の一人一人と握手を交わして、喜びに浸った。

ジーコ監督に聞く

-試合の感想は?
「序盤の10分、15分はかなりオマーンが積極的に来るのは分かっていた。スカウティングで分析して、オマーンのいいところを消していこうということで、どうしても後手に回ってした部分はあるが、前半20分くらいから落ち着いてボールを回すことが出来始めた。フィニッシュで焦りがあり、なかなかうまくいかなかったが、後半からしっかりと切り替えた。うちが引き分けを狙って引いてしまうと厳しくなるし、バランスを崩さなければいけると思った。選手の気迫も出ていた。日本の国民のみなさんおかげでファイナルステージに行けたので、一緒に祝いたい」

-引き分けでも突破が決まるということだったが、どのあたりで突破を確信したか?
「毎試合同じことだが、確信を得たのはレフェリーの笛が鳴って試合が終わったとき。あれだけ素晴らしいチームなので切り崩せないだろうというのはあったが、何が起こるかわからないし、最後まで緊張感はあった」

-今年、オマーンには3回とも1-0の勝利だが、日本とオマーンの差は?
「コンディションとか戦術的なものはほとんど変わらない。後はフィニッシュの問題だと思う。フィニッシュに持っていける選手のクオリティー、中村から確実に鈴木にボールが出たし、またイージーに見えるが、あそこを確実に決めるフィニッシュの差が大きい。それ以外は相手は素晴らしいチームだったと思う」

-後半になってフレッシュなFWを入れればもっと点を取れたかもしれないが、なぜ代えなかった?
「後半に入っても高原は後ろからの高いボールに競り勝っていたし、鈴木も動きは落ちていなかった。代える必要はないと思った。あれが少しでも落ちてきていると厳しいものだが。最後の方で鈴木の足がつっているような感じだったので玉田と代えたが、最後まで持ち味は出していた」

-次のシンガポール戦では若い選手を試すのか?
「まず、今は次のステージにいけたことを喜びたい。シンガポール戦については多少、アイディアがある。これはあとで川淵三郎キャプテンに相談してからでないと言えないが。あと、シンガポール戦は海外の選手は呼ぶつもりはない。自分たちのクラブで力を出してほしい。ただ、中田と稲本は代表でのブランクがあるし、彼らと話してやりたいというのであれば、考えたい。これは本人との話し合い次第になる。他の選手もやりたいというのであれば別だが。とりあえず、欧州組は休ませたいと思っている」

-得点を決めた鈴木、そして通訳の鈴木さんに関しては?
「鈴木は力を出し切ってくれた。通訳の退場に関しても、鈴木がエリア内で倒されてもPKがなく、中村に対しても高原に対しても同じようなファウルが多かったが、審判の判定が厳しかったことが影響している。自分がそれをアピールしたところ、鈴木通訳が前にいたという部分もあった。ピッチにはイタリア語やポルトガル語が分かる選手も多いし、里内フィジカルコーチを通してもコミュニケーションを取ることができた。だが、あまり、こういうこと(通訳の退席)は起こってほしくない」

-オマーンのいい部分を消すということだが、具体的には?
「このチーム(オマーン)はかなり練習を積んでいて、同じメンバーでずっとやってきたこともあり、身体能力もそうだが、相手のマークをかく乱するポジションチェンジをやってきた。サイドを使ってのカウンターも速い。オマーンとの2戦目もそうだったが、うちが前後に間延びしてしまってスペースを与えては危険だった。それが彼らの特徴だった。ポジションチェンジに関してもマークがうまくスライドできたと思う。ただ、よくトレーニングされたチームだった」

-ハーフタイムで具体的な支持はしたのか?小野や中村に関しては?
「いずれにせよ日本の個人技は相当高いし、彼らだけでなく、前線の2人を含め、ポジションチェンジすることで、相手がマンマークを外してスペースが空くぞ、ということをもう1度確認した。あの厳しい戦いの中で、引き分けでも良かったんだが、勝つためアグレッシブにいこうと言った」

試合後、ジーコ監督は選手、スタッフらと食事をし、一人、ブラジルに飛び立った。大きな仕事を成し遂げた後の、つかの間の休暇。約2週間の休息を経て、再び日本に舞い戻る。来月にはW杯アジア1次予選最終戦、シンガポール戦。12月にはドイツとの親善試合。そして、来年からはW杯出場権をかけていよいよ最終予選に突入する。

>一覧へもどる