ジーコジャパンレポート

2004.10.10 一日遅れでオマーンへ出発

2006年ドイツW杯一次予選のオマーン戦(13日・マスカット)に向けて日本代表はマスカットへ向けて出発した。9日は台風22号が直撃し、一日遅れての出発となった。
この日午前中は鹿嶋市内のグランドで鹿島ユースと練習試合を行い5-0で勝利した。左足首痛で離脱していた小野伸二(フェイエノールト)が復活。中村俊輔(レッジーナ)はホテルで治療、久保竜彦(横浜M)は別メニュー調整だった。また田中誠(磐田)は腰、中沢佑二(横浜M)は右足首付近を痛め途中で退いた。オマーン戦出場には問題はないようだ。
試合は小野が入った影響か、8日の市原ユース戦とは異なり、パスがよく回り攻撃も多彩。右サイドの加地、左サイドの三都主のクロスも多く見られた。前半17分には玉田が左足で先制。メンバーを入れ替えた後半には25分には右サイド加地からのクロスを本山が決めるなど4得点を挙げた。
午後6時近くの便で代表は大阪に移動。関西空港から経由地ドバイ(UAE)に向けて出発した。

練習試合の結果
日本代表 5(前半1-0)0 鹿島ユース

◇得点者【日本】玉田2、中田浩、本山、小笠原

メンバーは
前半はGK川口、DF田中(前半26分小笠原)、宮本、中沢、MF加地、中田浩、福西、 三都主、本山、FW玉田、鈴木

後半のスタメンはGK土肥、DF中沢、宮本、茶野、MF三浦、中田浩、藤田、小笠原、FW鈴木、玉田

ジーコ監督のコメント

「一日出発が延びたが気持ち的にも肉体的にもいい感じだ。今日の試合もいい感じでできた。それまで2部練習できついのもあったし前の試合(8日の市原ユース戦)も雨が降ってピッチも重かった。今日はいいリズムで出来てたと思う。小野が復帰したという意味も含めて今日の試合は非常に良かった。一日オマーンに入るのが遅れたが逆にいい方向に向いている感じがする。何が起こってもただじゃ転ばないという気持ちで臨みたい。俊輔はいなかったが高原もいなかったし、それと同じこと。向こうに言って調整した。田中と中沢のけがは大丈夫。まあ予防ですから。オマーン入り後はリスタートの練習を中心にやりたい。日本ではセットプレーの練習をしていないから」

>一覧へもどる