ジーコジャパンレポート

2004.9.22 スタッフ会議

ジーコ監督はこの日、都内で10月13日のW杯アジア1次予選、オマーン戦(マスカット)に向けたスタッフ会議を行った。現在、予選グループ首位の日本はオマーン戦は引き分け以上で1次予選突破が決まるが、反面、敗れれば、一転、窮地に追いやられる。現段階で2位、オマーンとの差は勝ち点3。大一番に向け、入念な打ち合わせが行われた。内容は直前合宿の刷り合わせや、現地の環境など、多岐にわたった。

会議終了後、ジーコ監督が話した。

-直前合宿は?
「10月5日から始める。今日は一応、サッカー協会のものに現地に行ってもらった報告なども受けた。現時点では合宿を(UAEと国内の)どちらでやるかは決まっていない。フライトの問題もある。気温や湿度など環境面も含め、検討している」

-中田英寿に関しては?今月26日には、メンバー発表(28日)前、最後の試合となるが、それに出なければオマーン戦は厳しいか?
「コミュニケーションを取って、状態を把握したい。週末の試合に出なくても、まったく呼ばないということはない。彼に、この試合に出なくてはいけない、というようなプレッシャーはかけたくないんだ。それで生きるか死ぬかというようなプレッシャーはかけたくない。もし試合に出なくても、コミュニケーションを取って、(彼が)いけます、ということであれば、それで判断を下すかもしれない」

メンバー発表は28日。23選手が招集される見込みだ。

>一覧へもどる