ジーコジャパンレポート

2004.9.9 帰国

インドで4-0の大勝を収めたジーコ・ジャパンはこの日、日本に戻った。川口、高原、小野はコルカタから経由地のバンコクで降り、欧州に向けて出発。また、バンコクでは関西と関東の2グループに分かれた。本山が左手小指を負傷するなど、数選手に故障が出た遠征だったが、無事に日本に降り立つことができた。

成田空港でジーコ監督が話した。

-次のオマーン戦では引き分け以上で1次予選突破が決まるが?
「レギュレーション上では引き分けでもいいんだが、それは引き分けを狙うかという質問ですか?」

-いや、もちろん違います。
「昨日の勝利で引き分けでもいいということで選択肢は広がったと思う」

-オマーンに向けた準備合宿は?
「まだ場所に関しては決まっていない。日数は今回と同じくらい(1週間程度)になると思う。場所は話し合いの余地がある。最良の選択をしたい。日本でやる可能性もあるしね。いずれにせよ、日本サッカー協会が調整してくれる」

-休みがありませんね。
「当分、休みはないと思う。体調?大丈夫です」

週末は再びJリーグの視察を行う。オマーン戦は大一番となるだけに万全の体制で臨む。

>一覧へもどる