ジャパンコネクション

前進あるのみ!

[2006.6.15]

2006FIFAワールドカップドイツの開幕に伴い、日々試合が行われる最中、熱戦に関するホットなコラムの展開が困難となっています。しかしながら近日頂いている数多くの温かい支援のメッセージに応えたいと思います。E-mailフォルダーは一杯に、そしてサイトへのコメント・メッセージは、常に日本がこの新たなる障害を超過出来る可能性への確信を示すものです。 

これら全ての皆さんに伝えたいのは、一人一人の名前を記名して直接語り掛けることは不可能でありながらも、支援を頂けて大変嬉しく感じていると言う事実です。全てに対して心から感謝を致します。方策や決勝トーナメント進出への秘策、更にはあらゆるアドバイスやコメントなど多種多様です。我々は遥かなる地に居ながらも、初戦での敗北が如何に状況を更に困難化したかを自覚しております。2点差で敗戦した事実を考慮すると、我々は得失点差をも取り戻すべき勝利を目指さなければなりません。

前進あるのみです!でも、重要なのはこれで全てが終わったわけではなく、誰一人として士気を低下していないと言うことです。勿論、敗北後は我々全員ショックでした。更に負け方を考えると、誰しも意気消沈するのは普通だといえるでしょう。紛れもなく、月曜日のあの夜は全員が出来事に対して熟考したのではないかと思います。我々が献身してきた全てが、リードしていた一試合の結果でそれまでの功績も塗り替えられる可能性を考えると耐え難く感じるものです。

でも、夜が更けて、新たなる日が訪れると同時に、我々は冷静さを取り戻して状況を分析したのです。全員で話し合いを行い、練習へと臨みました。日本代表は、敗北を脳裏に刻み、忘れることなくばねにして、正に超過の二文字の意味を理解していると言えるでしょう。我々は茨の道、即ち、守備的な堅守、そして地震や台風、更にはアジアカップでの敵意溢れる中国での戦いなど、あらゆる困難に立ち向かって来たのです。前回のコンフェデレーションズカップでは、敗戦から立ち上がって、欧州チャンピオンに挑んで勝利を得ました。チームは常にプレッシャーに耐え忍んで突き進んで来たのです。

事実、我々は行く手には困難が待ち受けて、今後も立ちはだかり続けることは認識済みであり、決して不意を突かれたわけではありません。だからこそ、次のクロアチア戦は勝利あるのみなのです。そして、我々は完全に誰一人としてその可能性に疑問視してはいません。正に保証出来ます。オーストラリア戦は既に過ぎ去った出来事であり、選手達もこの逆転劇に対するスピリットを漲らせていることを確信しております。我々はクロアチアを下して、決勝トーナメント進出を果たせるのです。この場に及んで可能性を疑問視する必要が有り得ましょうか? 私が注視するには、今回のワールドカップの行方は依然として未知だと言う事です。

個人的には、私自身は逆境な状況に立ち向かって、それらを乗り越えることがどの様なものかを肝に銘じております。勝利への確信を持っており、前途を信じながら全員で結果を得るために献身しています。選手としての25年の歴史にも関わらず、私は監督としては若輩者である事を自覚しています。私は監督としては僅かに4年間のキャリアしかなく、今後学ぶべきは多大です。他の人と同様に正解もミスも犯します。でも、皆さんは私を思い浮かべる時には、選手としてのキャリアを即監督業に関連付けます。但し、私は建設的ではない批判に関しては気に留めませんので、別に構いません。新参者かも知れませんが、事実私は既に重要な成果を得ており、タイトルも獲得し、ベストを尽くしている自意識があります。さほど伝統を有しない代表で、全員が果たして偉大なる勝利を収めることからスタートを切ったのでしょうか?

サッカー界に属しており、私を熟知している者であれば、私が臆することなく、闘いから逃げないかを解っていることでしょう。本番へ向けてのスタンバイは出来ています。前進あるのみです。サムライブルーの戦は続いており、我々は決して諦めません!

>一覧へもどる