ジャパンコネクション

強力なるサポート~パート2

[2005.9.6]

先週のジャパンコネクションでは、日本サッカー協会首脳陣との良い関係と、そしてこれらの要素が日本代表を2006FIFAワールドカップドイツへの出場権を獲得する過程において、チームづくりに大きく貢献したかを話しました。このテーマを引き続き、今週は舞台裏での出来事や、テクニカルスタッフ及び選手間とのハーモニーが要因となり、敵が自然現象である地震や異例の観客無しでの試合も含めて、我々がピッチ内で得た成果について語りたいと思います。

私は常にシンプルの信奉者でもあります。時として必ずしも飾り付けることが華麗さの同意語ではなく、複雑化を招く原因となるのです。私は当時、選手達、テクニカルスタッフ及びマスメディアとの接し方にこの哲学を持って、私は日本代表監督に就任しました。そして、功を奏したのです。我々が改善を施すことに成功して、成果を収めた事実はデーターが物語っています。

私と日本のマスコミとの関係はまったく別の事柄だとも言えるでしょう。彼らは常に代表監督という立場の人物に敬意を払いますが、業務を行う上で現在の様に自由と安静さ持って取り組める環境はかつてありませんでした。闘いに挑む者はあらゆる状況に面しており、就任当時に私は批判に関しては一切問題視しないことを明確にしました。そして親交を結ぶことが、代表のみならず彼らプロフェッショナルとしても実り多きことを示したのです。代表の日々を見守る殆どの記者達が理解をしてくれて、今日では素晴らしい関係が成立しております。

マスメディアとの関係が上記の通りであるのならば、テクニカルスタッフとの絆は更に強力だと言えます。プロフェッショナル達で編成されたテクニカルチームをファミリーと化し、我々はバースディーを全員で楽しく祝い、一緒に罰ゲームを行い、冗談が言い合えて、真剣に語るべきタイミングを弁えているのです。そして、実兄のエドゥーが側にいて、私を鼓舞させてくれます。彼の、特に中東での監督としての経験を生かしてのサポートが、私がチームを洗練する過程において大変重要な役割を果たしているのです。そして、フラメンゴ時代の元チームメイトでもあるカンタレーリはゴールキーパコーチとして素晴らしい仕事を展開してくれています。この事実を物語る最大なる例が、決定的な試合となった韓国戦で、理論上では第3のGKだった土肥が素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれたことです。この日、彼はMVPとして試合を終えました。

フィジカル面では里内フィジカルコーチの手によって、選手達の状態に応じて厳しくカリキュラムが組まれ、個々とのコミュニケーションを密に図りながら個人のパフォーマンスを最大限に引き出すように努めることで、チームはベストに調整されております。誠実なる協約が日本代表へ成果をもたらしているのです。選手達は理解者であり、反応は最良だと言えます。そして、フィジオセラピスト(理学療法士)のリカルドは、西洋の知識を東洋文化に順応させながら、大変重要な役割である選手達のリハビリの仕事を担当しております。更に、選手達とのミーティングで敵の分析を行う際に使用するビデオの編集などの責任者である和田氏の存在があります。彼は日本代表の電子工学に関する天才なのです! そして、常に私と行動を共にするは鈴木通訳であり、彼は通訳以上に、日本において私の代弁者とも言うべき優秀な親友なのです。

でも、上記メンバーが舞台裏で活躍するメインチームだと思うのは大きな勘違いなのです。団結力を誇る、勝者たるチームには、特別なる存在はありません。おのおのの関係者に大いなる価値があり、個々の任務は評価されるに値するのです。スーパーバイザー、ドクター、トレーナー、用具係、アシスタント…、全ての同士に関して言えます。要するに、彼らが直接又は間接的に本サイトの写真やストーリーの主人公を既に飾った経緯は偶然の賜物ではありません。彼ら全員がアジアチャンピオンであり、個々の分野でゴールを決めて確実なる勝利を手にしたのです。そして、今日までのように、全員が団結して、今までどおりに献身し続ければ、新たなる目標を達成できることを確信しております。

後衛舞台の皆さんに祝詞を送ると同時に、現在までのサポートに感謝しつつ、迫り来る2006FIFAワールドカップドイツへ向けて、いざ前進あるのみなのです!

・・・ということです!

それでは皆さん、また来週!

ウン・グランデ・アブラーソ!

>一覧へもどる