ジャパンコネクション

サポーターと造るフラメンゴのトレーニングセンター!

[2005.7.12]

以前から私はフラメンゴにはトレーニングセンターが必要だと感じていました。それは有能な選手の育成をモットーとして来たフラメンゴの基本的な事でした。ヴァルジェン・グランデ地区の土地は以前から存在していながらも、長年の間開発されませんでした。しかし遅すぎることなど決して有り得ません。先週、クラブのマーケティング部門のマルコス・ヅアルテ氏に相談を受けた際、その構想に感激しました。彼は、トレーニングセンター建設計画の継続に対してクラブが困難な状態にあるかを語り、更にキャンペーンに関して話してくれました。その内容は、今話題のゴムのブレスレットやTシャツをサポーター達に購入してもらう事で、我々の切望でもある有能な選手達の育成センターの建設を援助すると言うプランでした。フラメンゴの名に相応しいトレーニングセンター建設です。そして、スローガンは私の真意と合致しております。「フラメンゴは、名選手は自己で育成し、トレーニングセンターは貴方と造る」と言う事です。

私は大変好意的に話を受け止めました。素晴らしい構想と言うだけではなく、従来の寄付に対する観念を打破することが出来ます。サポーターは、ブレスレット又はTシャツを購入してこのプロジェクトに参加することで、報われた気持ちを抱くのは当然だと言えるでしょう。そして、このプロジェクトには私の知人達も関係しており、だからこそ私自身のイメージをキャンペーンへ結びつけることで信頼の一票を投じたのです。今月曜日にコマーシャル収録に参加し、今月の15日よりオンエアーされる予定です。

それは政治家に投じる一票同様で、全てのブラジル国民に共通して言えることです。もちろん私自身の一票も無条件ではありません。販売状況の定期報告が成されることを条件に参加を承諾し、実際に私はきつく要求することを明確にしました。そして、サポーター各自も同じく実行することを私は望んでいます。数多くのブレスレットとTシャツの販売店が設けられます。そしてサポーターが随時建設の進行と支出状況が確認できるように専用の口座も開設されます。

この様な活動が、今後に繋がることを期待しています。何事も第一歩が肝心であり、関係者に「Ninho do Urubu」の実現化に向けての熱意を感じることが出来ました。環境は申し分なく、既にグランドは存在しており、幾つかの建造物も施工中です。私自身も勇気付けられており、既に本サイトをスタンバイ状態にしました。我々はサポーターの皆さんと一緒に、トレーニングセンターのみに資金が運用されるように全てに於いて監視するように努めます。そして、定期的に本サイトに、写真で全ての進行状況と、マーケティング部門の決算報告を掲載致します。

以下に、実際にフラメンゴより頂いたレターをことさらに転記致します。

「偉大なる英雄へ、我々マーケティング部門のスタッフ一同は、信頼を置いて頂いたことを深く感謝しております。貴方に後悔させないことを断言致します。紛れも無く、この大事な戦いに逆転をもたらすべく第一歩となることを確信しております。フラメンゴが創立110周年を迎える11月15日、「Mais Querido(最も愛されている=フラメンゴのこと)」は、唯単に創立日を記念するのではなく、トレーニングセンターの増設も併せて、最大なる英雄と共に祝えることを期待しております。我らがCRフラメンゴの一員は、自己尊重心とイメージの回復に、疲れることなく、そして明瞭に日々を献身しております。一朝一夕では逆転劇は演じられませんが、必ずサポーターにフーブロ・ネーグロとしてのプライドを取り戻させられるように、我々はこの勝利というタイトルを獲得するために全力を尽くすことを確言致します。貴方の協力を誇りに感じています。何故なら、貴方の様な、堅実で誠実な、更には果敢な性格の持ち主であるフーブロ・ネーグロの協力は、我々の判断への正当性を確実視させてくれるからです。今一度、心から感謝致します。」

そして、キャンペーンに対する私からの公式なメッセージです。

「フラメンゴを、私同様に心から愛する貴方へ。困難に直面しているこの民族の一員である貴方へ。生え抜きが最大の財宝であり、正確には90分という時間内で勝利が自然なる贈り物だった、黄金時代を記憶している貴方へ。フラメンゴのブレスレットを購入して、トレーニングセンター建設に貢献し、フーブロ・ネーグロの挽回劇へ参加しましょう。何故なら、フラメンゴは、名選手は自己で育成し、トレーニングセンターは貴方と造るからです!」

それでは皆さんも、参加して要求をしましょう。既に私の信頼の一票は投じられ、残るは貴方です。本サイトをアクセスする皆さんを「Ninho do Urubu」建設への戦いに参戦することをお誘い致します。

・・・と、いうことで、来週のジャパン・コネクションをお楽しみに!

それでは皆さん、ごきげんよう!

ウン・グランデ・アブラーソ!

ジーコ直筆サイン

>一覧へもどる