ジャパンコネクション

スペクタクル・ストーリー

[2003.12.16]

ちょうど30年前、正確には5月1日、私はフラメンゴと初の契約を交わしました。そして、9月23日20歳でマラカンスタジアムでのプロとしての初ゴールを決めたのです。同年の1973年ヘーデ・グローボ(TVグローボ゙ネットワーク)より、今日ではスポーツ番組の代名詞とも言われている、エスポルテ・エスペタクラール(スペクタクル・スポーツ)が初めてオンエアーされました。日本に滞在している今でも欠かさず見続けている番組が今週の月曜日に記念すべき日を盛大に祝ったのです。

一昔前の事になり、多くの視聴者は憶えていないかも知れませんが、初期の頃のエスポルテ・エスペタクラールは全番組を外国から購入し海外のスポーツニュースのみオンエアーしていたのです。その頃、ブラジル国内でもブラジリアン・テイストのスポーツ・エモーションには事足りなかったのです。あくまでも2例ですが、パルメイラスはブラジル全国選手権2連覇を果たし、エーデル・ジョーフレはボクシングフライ級世界チャンピオンを奪取したのです。運命のいたずらとも言うべき、70年代後半になってから同番組は国内スポーツの主要番組へと転向して行ったのです。フラメンゴの黄金期、ブラジル全国選手権4回優勝と最大の栄光である東京でのトヨタカカップ優勝という輝かしい時代に間に合わせるかのように番組は移行したのです。

私自身、ブラウン管を通じてエスポルテ・エスペタクラールの番組で自分がゴールし偉大なるチームメイト達と祝っているシーンを何度見たことか。それ以上に、番組は30年間のあらゆるスポーツの歴史を刻み続けて来たのです。エスポルテ・エスペタクラールは私にとっては非常に貴重な存在であり続けています。私が大学で体育学科を専攻したのもただの偶然ではないのです。常に私のスポーツとの関係は紛れもなくサッカーへのパッション(情熱・激情)が超越したものなのです。今でも決戦への意欲は強く根付いており、特に一方にフラメンゴが参戦していれば尚更です。

私の父・アントゥネスの影響もありラゴーア・ロドリーゴ・デ・フレイタス(湖)でのボートのシンクロナイズされた美しさに魅了されました。後には、既にサッカー選手としての時代、エリカ・ロペスとガゼラ・ネグラを知り陸上の虜になったのです。トゴ・ヘナン・ソアーレス通称カネーラ率いる魅力的なチームがバスケットへの興味を目覚めさせました。ジェオルジェッテのひたむきな姿勢が新体操のしなやかさを発見させてくれ、ルーブロ・ネグラ(フラメンゴ)の水泳陣の活躍が水泳競技への絆を強めたのです。そして、ベルナルヂーニョ、タンデ、ナルベルチ、イザベル、ジャッケリーネ、… ベルナールのジョルナーダ・ナス・エストレーラス(スター・トレック)等のシルバーメダル・ジェネレーションの活躍が今日のゴールデン・エイジへと繋がり、世界最強のバレーボール軍団を築き上げたのです!私は今でもリオにいれば新聞の見出しを覚悟にビーチバレーに挑戦をします!これらも含めたその他全てのスポーツを、現在トリンタォン(30代・成熟)を迎えたエスポルテ・エスペタクラールがカメラに収め続けているのです。

この様に、少年時代から常にスポーツに携わって来た事情からも、今回、近30年間に於いてのベスト・プレイヤーに選定され、「エスポルテ・エスペタクラール賞」を受賞出来た事に大変心を動かされました。昨日、クラーロ・ホールでの授賞式では、この賞が一般市民によるインターネット上での投票による受賞という事もあり、込み上げる気持ちが一層増し大変感激的なものでした。殆ど私の現役時代を見てないか又は映像でしか見た事のない若い世代と、80年代に満員のマラカナンへ足を運び熱狂的な応援で力強いエネルギーを与えてくれたファンによる選出なのです。一次投票も最終ラウンドも素晴らしいタレント揃いによる競争だったのです。彼らは、過去現在を通じブラジルサッカーへ多大に貢献しており、同様に受賞するには相応しい人物達なのです。一般市民による投票がより一層この賞を光栄且つ誇りに感じさせてくれるのです。

エスポルテ・エスペタクラールの30年に及ぶ歴史、そして輝かしい歴史を築き上げて来たプロフェッショナル又は長い道のりに携わって来た皆さんに心からお祝いの意を伝えたく存じます。これ程多くの愛情を授かられる特権と、時をも乗り越え多くの人々に少しながらも喜びを与える事が出来た事を神に感謝致します。これは限られた選ばれし幸せな人間だと十分に認識している次第です。人間ジーコを育ててくれ力を与えてくれた私の家族にも感謝致します。そして、票を投じてくれた皆さん、本サイトを見届けてくれている全員に対しても同じ気持ちです。投票し最後迄応援して頂いた全ての方々に心より感謝致します。誠に有り難う御座いました。距離があろうとも貴方達のパワーを本サイトのBLOGを通じて、又はあらゆる手段での愛情の表現を感じ取る事が出来ます。この貴方達のご声援が私にとっての最愛のゴールなのです。

それでは皆さんごきげんよう!また来週お会いしましょう!

ジーコ直筆サイン

>一覧へもどる