名選手列伝

Edu エドゥー

エドゥー

■選手名 エドゥー
■本名 エドゥアルド・アントゥーネス・コインブラ (Eduardo Antunes Coimbra)
■ポジション : ポンタ・デ・ランサ(攻撃的ミッドフィルダー、トップ下、2列目)/フォワード
■背番号 : 10番
■出生地 : リオ・デ・ジャネイロ州リオ・デ・ジャネイロ市
■生年月日 : 1947年02月05日
■主な所属クラブ :
  (選手として)
  • : アメリカ (リオ・デ・ジャネイロ州 ?1966年~1974年)
  • : ヴァスコ・ダ・ガマ (リオ・デ・ジャネイロ州 ? 1975年)
  • : バイーア (バイーア州 ? 1975年)
  • : CRフラメンゴ (リオ・デ・ジャネイロ州 ? 1976年)
  • : コロラード (パラナ州 ? 1976年~1977年)
  • : ジョウインヴィーレ (サンタ・カタリーナ州 ? 1978年)
  • : ブラジリア (ブラジル国首都 ? 1979年)
  • : カンポ・グランデ (リオ・デ・ジャネイロ州 ? 1980年~1981年
■主なタイトル :
  (選手として)
  • : グァナバラ杯優勝 (アメリカ ? 1974年)
  • : バイーア州選手権優勝 (バイー ? 1975年)
■主なタイトル :
  (監督として)
  • : リオ・デ・ジャネイロ杯優勝 (アメリカ ? 1982年)
  • : サンタ・カタリーナ州選手権優勝
  • (ジョインヴィーレ ? 1987年)
  • : パラナー州選手権優勝 (コリチーバ ? 1989年)
■その他のタイトル :
(選手として)
  • : ヒオ・ブランコ杯優勝 (ブラジル代表 ? 1967年)
  • : ブラジル国得点王 (1969年)
■その他のタイトル :
(監督として)
: ブラジル全国選手権準優勝 (ヴァスコ・ダ・ガマ ? 1984年)
■その他のタイトル :
(アシスタントコーチとして)
: アジアカップ優勝 (日本代表 ? 2004年)
経歴

1980年代以降にサッカーを観るようになったファンの皆さんは、キンチーノ地区のアントゥーネス家というとジーコ(アルトゥール・アントゥーネス・コインブラ)という天才の名を思い浮かべる事でしょう。しかし、20年間時代を遡りスポーツを見届けていた人は、エドゥー(エドゥアルド・アントゥーネス・コインブラ)の存在を忘れる事はないと思います。エドゥーはアメリカのユニフォームを纏って、サッカー史に残る選手として活躍をしました。彼はクラブ史上偉大なストライカーであり、212得点を挙げた選手でした。

父の名はアントゥーネス、母の名はマチウデ。男兄弟の真ん中にあたる3男のエドゥーは、長男ゼッカ(ジョゼー・アントゥーネス)の足跡を辿り、サッカー界で活動の地を求めました。1962年、15歳の時にアメリカのインファンチル・カテゴリーに入団して、記録的なスピードで傑出しました。多くの方はご存知ではないでしょう。エドゥーは僅か15日間未満でインファンチル、ジュヴェニールとプロのカテゴリーでプレーをした人物なのです。

彼は、機敏な攻撃的ミッドフィルダーで、巧みなポジショニングと正確なシュートを放つ、ショートドリブルのファンタジスタでした。元DFでジュヴェニールの監督を務めていたウィルソン・サントスの目にとまり、エドゥーはアメリカのプロチームに在籍してストライカーの路を歩み始めた1966年から、クラブでの唯一のタイトルであるグァナラバラ杯を制した1974年に到るまでアメリカでの活躍は続きました。当時このアメリカのプロチームには、エドゥーの他にオルランド、ルイジーニョ、ブラーゥリオという有力選手が在籍しておりました。

その翌年、エドゥーはチームを移籍します。1975年、先ず彼はヴァスコ・ダ・ガマに所属し、その直後に州選手権優勝を果たしたバイーアへと移籍しました。そして1976年は歴史的な年となりました。彼は、フラメンゴで弟のジーコと1シーズンを共にプレーしました。尚、アメリカ時代にも兄のアントゥーネスとペアを組んで活躍をしました。

同じ年に、彼はパラナー州のコロラードとサンタ・カタリーナ州のジョインヴィーレにも在籍しました。1979年には、放浪の旅を続けるべく連邦区のブラジリアへと移籍しました。そして、最後にリオ・デ・ジャネイロ州へと戻り、カンポ・グランデで2シーズンを過ごして現役を退きました。エドゥーはアントゥーネス兄弟でも164cmと小柄で「リトル・プリンス」と親しみを込めて呼ばれていました。

ブラジル代表としては1967年に僅か2試合のみ出場してヒオ・ブランコ杯を制覇したのです。多くの評論家は、彼の代表に於いての目立たない収集は不条理であり、その中でも1970年W杯の22名の登録メンバーに選出されるべき選手だったと確言する人達もいました。

選手としてピッチを後にしたエドゥーは、監督として1982年にホームグランドでもあるアメリカのジュニオーレスカテゴリーを率いて、スタートを切りました。その年、プロチームの監督へ昇進してリオ・デ・ジャネイロ杯を制しました。そして、1984年にはヴァスコ・ダ・ガマの指揮を執り、ブラジル全国選手権で準優勝を果たしました。当時、主要監督の一人と見做されていた彼は、同年3試合に到るブラジル代表の監督としても指揮を執りました。

エドゥーのサッカー人生に於いて出来事で興味があるのは、1985年にイラク代表監督の要請を請けた時のことです。当時のイラクサッカー連盟を統轄していたのがあのサダム・フセインの長男、ウダイ・フセインでした。エドゥーの使命はイラクをワールドカップへと導くことでした。彼はその目的を達成したのですが、フセイン家の干渉を受け入れられず、本大会以前にブラジルへと帰国してしまいました。彼の経歴には、イラクのクラブチームAl Rashidでの監督としての在籍も記録されています。そして、1987年にはサンタ・カタリーナ州へと向かい、ジョインヴィーレを率いて州大会を制し、その後、クリシウーマで短期間指揮を執り、エクアドルのBarcelona de Guaiaquilと契約をしました。1989年にブラジルへと戻り、コリチーバをパラナー州選手権で優勝へと導きました。その後、ボタフォゴの監督を務め1991年には再び海外を目指しメキシコのVera Cruzへ行きました。その翌年には帰国して、フルミネンセとカンポ・グランデの采配を採り、次なる挑戦地の日本へと旅立つことになりました。

エドゥーは弟のジーコに誘われて、1994年から鹿島アントラーズ下部組織のコーディネートに携わり、一時期鹿島アントラーズチームの監督も務めました。その後も日本に滞在し、専門学校でのサッカー部門の指導を担当しました。エドゥー・サッカーセンターが設立されてから2年間、日本人選手の育成に専念することになりました。そして2002年に再びジーコに招かれ、サッカー日本代表のアシスタントコーチに就任しました。彼は日本代表アシスタントコーチとして2004年にはアジアカップ制覇を達成しました。

ミニ知識
  • *エドゥーは友人パウロ・セーザルと共に受けたアメリカの1回目の入団テストは不合格で終えたのである。でも、プルッカで知られるパウロ・セーザルは合格し、エドゥーに再度入団テストを受けるように勇気付けた。そして、2回目に彼は見事に入団を果たしたのである。
  • *1969年に、彼にとっての誇りの一つでもある、「ブラジル国得点王」に輝いている。
  • *体育学科を卒業し、スポーツ界に精通しているエドゥーは、「O Metodo Sensorial No Futebol」の著者でもある。
  • *2005年1月に彼はアメリカ100周年記念の勲章を授かり、更にエジソン・パッソス・スタジアムのロッカールームの一室がエドゥーと命名された。

>一覧へもどる