ジーコの日記

2006年3月4日(土曜日)

は~い。もうすぐ私はベイジャ・フロール(エスコーラ・デ・サンバ)のパレードで一足遅い自分なりのカーニバルです。でも、昨日は素晴らしい一日を過す事が出来たよ。既にサイトにも幾つものメッセージが届いていることを確認した。皆さんからの温かい言葉全てに対してお礼を言うのは難しいことなので、この場で感謝の意を伝えるからね、アリガトウ!

昨日の私のバースディーをサンドラと子供達(親にとっては自分達の子供は何時まで経っても子供なんだ)と自宅で過した写真を紹介するよ。伝統的なピザをFaustaoの家で作っていた時に知り合った、友人のマリオを招いてのパーティーだった。とても気持ちの良い人物で、更にはデリシャス。下記は一緒に自宅で撮った写真だ。マリオ、アリガトウ!

そして、サープライズはギターやその他諸々を片手に、文字通り「家に侵入」してきたポルカォン(シュラスコ・レストラン)の友人エーリオ率いる仲間達だった。エーリオ、素晴らしいプレゼントに心からアリガトウ!

みんなの要求に応えて、ケーキが登場!

家族写真。

思い掛けないテクストを作成してくれたサイトスタッフにもアリガトウ。最も感動的なオマージュの一つは実兄ナンドからのポエムだったよ。

アリガトウ、ナンド。そして、掲載中のエドゥーのメッセージにも極度に心温まったよ。

下記は、彼のロシアでのアドベンチャー時の写真。

次は、ヨーロッパでのスパイ任務中の写真へと行こう。

バーゼルの特等席ではいたせりつくせりだったよ。私、鈴木通訳、チッタと里内フィジカルコーチ。

クロアチアとアルゼンチンの戦術面でのポジショニング。

こちらFC Baselは中田浩二選手が所属しているチームでもある。

この処置が素晴らしいね。前半終了と同時に下記のスタッフ勢が一斉にピッチのメンテナンスを行なうことで、雨でも雪でも試合続行が可能なんだ。

それでは、また後程写真紹介をするからね!

>一覧へもどる