ジーコの日記

2006年1月24日(火曜日)

やぁ~。遂に休暇も終わったよ。今回は先週行われた取材の写真を紹介しよううと思う。日本に着いたらもっと詳しく話すからね。日本から、オフ時とキンチーノでのペラーダ(草サッカー)の写真を紹介するから。それでは早速・・・。

海外からの取材が多かったよ。この写真はロンドンのCNNの取材陣で、私の右側にいるのは通訳のアリーセ・ベアート。

マイクを手にしているPacoと写真には写っていないMartinはアルゼンチンからESPNラテンの番組「Hablemos de Futbol」の収録のために訪れた。

欧州のテレビ局で番組を制作しているプロダクションの取材で、私に関する特集だそうだ。彼等にクラブ施設を見せるために、メキシコ人のカメラマンを自宅からジーコサッカーセンターまで乗せてあげたよ。

ドイツのKicker誌のFrank Kohlへの取材はジーコサッカーセンターの社長室で行なった。彼はサンパウロに住んでおり、ドイツではなくブラジルを応援すると断言したよ。

イタリアのRAIへの取材。イタリア語を実践することが出来た。

そして最後に、私の大の友人であるモラエス・モレイラとの再会をテレビ・グローボが実現させてくれた。彼に2曲作詞するインスピレーションを与えたことを誇りに思っている。グランドで談話とボールでの遣り取りをしたよ!

その後、ジーコサッカーセンターのテラスで彼は持ち歌を一曲歌ってくれた。本当に素晴らしい取材だったね。勿論、彼はクラブのサインボードにサインをして帰ったよ。

それでは、次は日本からお送りするからね!

>一覧へもどる