ジーコの日記

2005年10月7日(金曜日)

ハ~イ。ラトビア戦前夜、チームは試合へ向けて準備万端。本日はスタジアムでの練習を行った。そして今回は、写真を数多く紹介するから。先ずは、練習模様から、そして出発時、更には以前の写真を掲載。

リガに到着直後、インフラストラクチャー的には申し分なくW杯の本拠地として可能性を秘める、ドイツのボン視察に関して記者陣から取材を受けた。勿論、決定は日本サッカー協会との話し合いにも依る。

時間を一寸遡って。下記は、我々の移動用飛行機。日本人選手の素晴らしい画像だね!

リガでの練習風景。松井選手、そして後方には鈴木選手。

代表初練習の箕輪選手。

恒例の写真。私と鈴木通訳がチームにジェスチャーを交えて指示を出しているシーン。

下記は以前の写真。ウイニングイレブンのポスター。

そして、大々的にバスに宣伝広告。

最後に、実兄エドゥーが日本でコラムを書いている雑誌の紹介。本サイトでも月一で彼のコラムが近々デビュー!お楽しみに!

それでは、また後程!


2005年10月2日(日曜日)

ハ~イ。W杯での日本の本拠地候補を視察の為にドイツへと出発する前に、今回は数多くの写真とコメントを掲載するから。先ず、土曜日に、静岡県の三島駅から比較的に近い御殿場で行われたVale do Rio Doce社のイベントに出
席した際の写真だ。約20分間程度、サッカー界で地位を確立する為の闘いなどに関する自分のキャリアについて話した。古くからの友人でもあるネルソン氏に歓迎の挨拶が述べられた。興味深いのは、Vale do Rio Doce社同様に製鉄
業を手掛ける住友金属に連れられて私が日本へと来たことである。

Vale do Rio Doce社(ブラジルの総合資源開発企業。本社はリオ・デ・ジャネイロ市。ブラジルを代表する民間企業。主力商品は鉄鉱石であり、生産・販売のシェアは35%で世界一。)

ネルソン氏の挨拶から。

その後、私はインフォーマルな部屋で企業家達に話をした。とてもくつろいだ談話だった。

ブラジル流に、シュラスコ(ブラジル風バーベキュー)、ペラーダ(草サッカー)、そしてポルトガル語で歌う日本人のパゴージ(サンバ)・バンドの出演も交え、盛り上がって終了。正に、草サッカーだ!

チームを選ぶ時が困難だった。ヘッヘッへ。

そして、シュラスコ(ブラジル風バーベキュー)!

下記は別のイベント。川崎フロンターレのテクニカルスタッフチームとのペラーダに参加したメンバーだ。左上から順番に:里内コーチ、マルクス、クラウジオ、フレーヂ理学療法士、古川GKコーチ、アルベルト、マルセーロ・ポンテス、アレックス。そして左下:アウグスト選手の長男セーザル、関塚監督、エジソン、私、エドゥー。

水曜日には、日本の将来を担う指導者達に講演を行った。鹿島アントラーズ時代の元チームメイトにも再会したよ。本サイトで既に内容は伝えてあるので、写真の紹介へと行こう。マスメディアは初めの5分間だけ収録が許された。

ホンジュラス戦のシーンも見せた。

下記に写っているのは、鹿島アントラーズでの元チームメイトで代表の選手でもあった黒埼である。

ホワイトボードに書かれたサイトアドレスに注目!

受講者全員との記念写真。私の隣は三浦。丁度背後に立っているのは井原。車椅子の後ろには本並。金髪の外国人は元ゴールキーパーのオランダ人ディドである。そして彼の隣にいるのは武蔵。錚々たる顔触れであり、私が指導者として成功するように応援している連中だ。

下記は、欧州遠征メンバー発表記者会見後の写真である。テレビの出演は同時通訳で行われた。鈴木通訳が私の答えを、そして女性がアナウンサーの質問を私に通訳した。全て別室で行われたのだ。

ファッション誌の取材。

カメラと月のようなストロボ。

最後に、カンタレーリのバースディーの写真を紹介!

それでは、また後程ヨーロッパから!

>一覧へもどる