ジーコの日記

2005年6月29日(水曜日)

やぁ。写真紹介の前に、常にログインしてくれるブログの仲間たちへの答えだ。

マリーリア、Veja誌が記事を掲載してくれたとは大変興味深いね。何時のことだろう! たしか、私が29歳の時だ。読みたい方は、下記にリンク先を記載するから是非アクセスを。それでは、マリーリア、ウン・グランデ・アブラーソ。

http://veja.abril.com.br/idade/exclusivo/250603/zico.html

アレックス・カルヴァーリョの記憶も懐かしいね。フラメンゴと日本でプレーをし、現在では監督をしており、ジュヴェントスを率いてサンパウロ州選手権セリエA2で優勝を達成したエドゥー・マランゴンにおめでとう。

記憶していない方は、代表姿のエドゥーをご覧あれ…。

アリーネ、セレソン(ブラジル代表)の監督はプランにはないよ。ワールドカップ後は何をするか未だ分からないが、監督業は引退する考えでいるんだ。

アラン、貴方の様な意思表示が戦い続ける力を与えてくれるのさ。

ファービオ・キヨシ、代表の壁紙の依頼はサイトスタッフに既に伝えたからね。

カルロス・エンヒッケ、常に日記にログオン出来ることを期待しているよ。編集チームには如何なる選手も代替はいないからね。そして、今後もアクセスを約束してくれたジョァン・パウロに関しても言えることだ。

ヂジャウマ、暖かいメッセージをアリガトウ。ナルシーゾ、スザーナ、マルセーロ、エドゥアルド、セルジーニョ、ウェンデオ、アンドレアにも同じくアリガトウ。マルシオ、貴方は前回の映画「ホーム・アローン」と写真に合意したかったけれども、大多数は相違点を見出したよ!

エメルソン、アントニオ、ビーア、エラーネ、ホベルト、マルセリーノ、デニス、ホジェーリオ、チアーゴ、フェルナンド、エマノエオ、エマヌエオ、エジソン、マルコ、ホナウド、ナニ、ガブリエオの皆さんにもウン・グランデ・アブラーソ。ブログの仲間たちはセンセーショナルだね!

勿論、中には答えるのを忘れたり、名前の記載漏れもあった筈だ。でも、次回には掲載するから。それでは続けて、水曜日の出来事から。Redacao Sportvを訪れ、ブラジル4対1アルゼンチンを予想したん
だ。下記に写っているアルマンド・ノゲイラが途中で予想を断念していなければ、私の一人勝ちとなっていたよ。彼は私と一緒に勝つチャンスを逃したのさ。正に予想は的中!

コンフェデ杯に関しての話題だ。下記は全出場国に送られるトロフィーのショット。

日本対ブラジル戦直前。私とエドゥー、そしてフラメンゴで私と一緒だった、ブラジル代表及びフラメンゴのセラフィン・ドクターとフンコ・ドクターとのショット。

スタジアムに掲げられた旗。

ドイツまでフラメンゴのシンボルを纏って応援へ行ったモラエス。彼の友人マルキーニョスとの写真。

Reno川をバックに日本代表のバス内にてエドゥーとブルーノ。

ブラジルへ帰国時にフランクフルト空港にて偉大なるテニスプレイヤーのグーガ(グスターヴォ・クェルテン)選手とのショット。

下記は以前の写真。北朝鮮から戻った直後に東京で行ったW杯出場決定の記者会見。私が「キンヂン(お菓子)」が好物だと知り、テレビ局のスタッフが近くのブラジルレストランまで買いに行ってくれたのだ。とてもデリシャスだった!

それでは後程!


2005年6月27日(月曜日)

やあ。ドイツでの写真も含めて数多くストックがあるけど、今回は実兄エドゥーをモチーフとした冷やかしをするためにログインしたんだ。ホテルに、Mcauley Culkin出演の映画「ホーム・アローン」で強盗役にそっくりの人物がいることに気がついた。そして、強盗役の相棒にエドゥーが瓜二つだと、私の次男ブルーノは言い張るのだ。お確かめあれ。

映画シーン…と、写真。

そして、下記はサイトスタッフによるモンタージュ…。

如何かな? コメント待っているよ。それでは後程他の写真紹介に戻るから。私はリオ・デ・ジャネイロに7月半ばまで滞在するので、多数のコンフェデ杯の写真紹介とインタビュー集をお送りする予定でいるのでお楽しみに。

>一覧へもどる