ジーコの日記

2005年3月18日(金曜日)

やぁ。全員無事にフランクフルトに到着。かなりの距離にも関わらず、心地よい移動が出来たよ。送信したこちらでの全日程表と、ニュースは既にスタッフがサイトにアップ済みだが、ブログではドイツへの搭乗前に行われた、気になった出来事を掲載するからね。

日本サッカー協会のスポンサーの一社でもある日本航空が、日本代表選手のキャラクターを機体にデザインしてくれた。今回の対イラン戦と、バーレーン戦、そして6月に開催される対バーレーン戦と、北朝鮮戦に向けて、勝利へのエールを送ってくれた。これらの試合を間近に控えて、今回のイラン戦の帰国と、6月のバーレーン戦の後、北朝鮮入りする際の、チャーター便の手配をお願いした。これによって、移動時間の短縮と、体力消耗の削減が図られる。そのおかげで、各試合後に一日ずつ練習日を追加することが出来るからね。これはブラジル代表で得た経験でもある。

私達以外にも、報道陣及び多くのサポーターへの航空券販売を実施している。常に満席で、航空会社や日本サッカー協会には、損害を与えないで済むということで、日本航空は快く承諾してくれた。下記の写真は、日本航空のハネダ・カツオ社長から、飛行機の模型を受け取っている場面。そして、日本代表キャプテンの宮本選手には花束が贈呈された。

そして、飛行機とサポーターと言えば…、サポーター約800人を乗せて、イラン戦当日の午後にテヘランに到着する。その日の試合後に、日本へ発つ便が日本航空より2機用意されている。


2005年3月13日(日曜日)

やぁ。日本には着いたけれど、いまだに息をつく間もない状態だよ。土曜日の14時に到着して、19時には既に、ジェフ対レイソル戦を観戦していたんだ。今回はこの試合の写真3枚と、日曜日の写真1枚を紹介するからね。もうすぐ、W杯予選の日本代表メンバー発表を行う予定。では早速、写真紹介に入るよ。何故なら、こちら日本は既に月曜日の朝だからね。

ジェフ対レイソル戦の会場にて、早川、田嶋、私と鈴木通訳。

ホーム、ジェフでのハーフタイムには、必ず何らかのエキジビション・ショー。下記はジェフのダンサーズ。そして、試合結果は2対2のドロー。

こちらもハーフタイム。我々のボックスに向かってファンの写真攻めの光景を透かさずシャッターオン。目には目、歯には歯なのだ。ハッハッハ…。

下記は、日曜日開催されたジュビロ対グランパス戦でのハーフタイム・ショーの光景。試合結果は3対0でグランパスの圧勝となった。

>一覧へもどる