ジーコの日記

2004年09月03日(金曜日)

やあ。ここ成田の雰囲気はとてもいいよ。選手達は強度のある練習をしっかりやっている。それと引き換えにこの木曜日にはスタッフは少しリラックスした。私、里内とリカルドがフットテニスというゲームでエドウー、カンタレリと和田チームに対して"チョコレート"(相手をからかうような勝利)を浴びせてやった。3対2で勝ったけど、負けた方からは泣き言やいい訳が出て負け犬の遠吠えみたいだった。レフェリーへのクレーム(実際にはいなかったね、なぜならアッコは2分しかやらなかったから。)も出るし、ボールにも、ピッチにも、照明(写真見てよ、照明が暗い?)にも文句を言い、しまいには試合時間にも泣き言を言っていた。私達の年齢では20分のゲームだけど、いつも滑って転ぶ事が起きるよ、ははは。 必ず何かハプニングが起きるけど、これも私達の楽しさでもある。


ん? エドウーがフットテニスで負けた事を考えている?違う違う。これも木曜日のだけど、選手達の戦術トレーニングを見ているエドウーです。 


金曜日に千葉の学校チームと練習ゲームをした。


この写真は載せない訳にはいかない。

 

試合の後、学生選手達にお礼を言う。

 

では、また!


2004年09月01日(水曜日)

やあ。今回は日々カメラマンとして腕を研きつつある私の実兄エドゥーの成田での作品を紹介するよ。素晴らしい想像力だね!

エドゥーは眼鏡を通じて遠藤を透視…。

和田の歯をアップ!

この写真は川口選手のボタン(ボタンを使うサッカー盤ゲーム)になっちゃうよ、ハッハッハ!

なんと、なっちゃったよ!サイトのスタッフが我らがゴールキーパーをボタンに変身!

素晴らしいね!
それでは、後程もっと写真を紹介するから!



2004年08月30日(月曜日)

やあ。ブラジルの男子バレーボール代表がオリンピックで素晴しい活躍で勝利しました。女子バレーと女子サッカーは残念ながら金メダルの獲得は出来なかった。しかしながらこちらも素晴しい活躍だった。今回は写真を二枚紹介します。アジアカップ優勝に取材の数が圧倒的に増えました。

この写真はJFA月刊誌8月号表紙の写真。9月号に掲載されるアジアカップの取材を行なった。表紙の写真はとても綺麗に撮れている。


もう一つの取材のインタビュアーの一人は日本代表がファルカン監督だった時代の選手と自分が住友金属でプレーしていたときの他のチームの監督によるもの。



>一覧へもどる