ジーコの日記

2004年08月14日(土曜日)

やあ。もうすぐ静岡へ向かう時間だ。アディダスのサッカークリニック、Jリーグの試合観戦、そして月曜日には代表集合。その前に、鹿島スタジアムでの写真を紹介するよ。昨日、鹿島でアントラーズが1対0で勝利したレイソル戦を観戦してきた。アントラーズが終始ゲームを支配しての比較的に楽な勝利ではあったが、得点自体はエリア脇からのセットプレーを小笠原が蹴った素晴らしいFKに金古がタイミング良く飛び込んでのヘディングによるゴールとなった。


試合前、いつもサポーターは忘れないでいてくれる。


そして、試合後の再会。アジアカップ優勝を記念してドン・ペリニョンをプレゼントに頂いたので、カシマスタジアムに持参して友人達と祝杯を挙げた。何故なら、全てが鹿島で始まり、今回の制覇には大きな意味をもたらしたからだ。
左から、高島、エジソン、私、里内、リカルド、マン(鈴木満)、鈴木秀樹。


上記ショットはサンドラの作品。そして、下記には彼女も参加しての全員での祝杯。

それでは!

2004年08月12日(木曜日)

*-*-* アディダスのサッカークリニックとアジアカップのメダル *-*-*

やあ。水曜日にここ東京でアディダスのサッカークリニックが開催された。約250人の12歳から16歳の少年達を対象に行った。場所は国立競技場。エドゥーとカンタレーリも手伝ってくれたよ。


日本の子供達の基本技術での目まぐるしい発達には信じられない程だ。日本には素晴らしい世代の選手達が育つと思う。

クリニックを手伝ってくれた先生達に話をしている様子。

スタジアムへアクセスするエントランスホールに飾られたパネル。

日曜日には静岡でも開催される。これから、アルゼンチン戦のメンバー発表を行う為に日本サッカー協会へ向かう。でも、その前にアジアカップのメダルを皆さんと分かち合う為にご披露するよ。

サイトスタッフに裏表両面を載せてもらいます。

それでは後程!


2004年08月09日(月曜日)

ヨルダン戦でのPK戦直前の円陣は、今大会制覇にとって大変重要な意味をもたらした。

中国との決勝戦前の記者会見

北京のスタジアムにて勇敢な日本のサポーターと共に祝杯。

写真:うの・あつこ

-----------------------------------------------------------------------

*-*-* *-* お礼のメッセージ *-*-* *-*
やあ。私は既に日本の自宅に到着。正にアジアカップ制覇は素晴らしい事実であり、私の人生において最も特別な瞬間の一つでもあった。日本到着時の歓迎もスペシャルなものだった。そして、試合直後に収録し、サイトからアクセス可能な私のメッセージは、このコーナーの皆さんとこのタイトルを分かちあう為である。何故なら、皆さんも我々と共に闘ったチャンピオンであるからだ!
皆さんから頂いたコメントについて回答を述べたいと思うのだが、全てへの対応は難しいので、漏れた方は悪しからず。重要なのは、熱心に応援してくれ、常にポジティブ・パワーを送ってくれた全ての皆さんへの感謝の意を伝えられることです。

>一覧へもどる