ジーコの日記


2004年03月27日(土曜日)

戻りました。 さあ行きましょう。 まず始めに皆さんにお礼を言います:シルビア、アンドレア、マックス、アレックス、スザーナ、カルメン、ガブリエーラ、アーナ・・・その他みんなを代表して。サンドラとリーノ、アンドレ・ゲルヘイン、このコーナーにようこそ。 

いつも参加してこのような良いサジェスションをして下さい。あ、スザーナ、ここでは馴れ合いのグループなんて無いですよ、インタビューする相手を選ぶのは民主的です。君が言うようにね。既にヴァスコのヂナミッチ、ボタフォゴのベベット・デ・フレイタス、それにソクラテス。サイトの編集部は色々な人を探して走り回っていますから注意していてください。アンフォレー・ヴァラリン、我が仲間、仇敵とかの話はなしだぞ。

私達はみんな同等だ。このコーナーの皆さんに分かるように言うと、アンドレーのお父さんは私の兄のエドウーと一緒にプレイしていたのです。一つよろしく言って下さい。

このコーナーで一つ質問があったが、キーパーの川口はあの抜け出した選手の中には居なかったよ。                    

   x・x・x・x・x・x・x・x・x・x・x・x・x・x・x・x      

あと少しでまた新しい話を持って来ます。              

やあ、もう日曜日ですが、成田での練習は今日で終わりです。金曜日に太陽が出てあの寒さを和らげる良い兆しです。だけど雨が降ろうと、日が出ようと・・・練習は二部練で頑張ってもらった。私はホテルでそのリズムに絶えるように筋トレ。        

この写真では、私と里内がトレーニング後シャツでびしょ濡れ。後ろにはホテルの庭の綺麗な滝が見える。


練習の最後にはゴールしたものから上がって行くが、誰にも楽はさせない。キーパーの曽ヶ端だってシュートの出来具合を披露した・・・


土曜日の朝、止まったボールの練習でアタッカーはフィニッシュの特訓。本山、柳沢、西、玉田がこの写真に写っている。


午後には紅白ゲームを筑波大学チームと行った。結果3×1


成田でのサポーター!

あと少しでまた新しい話を持って来ます。





2004年03月26日(金曜日)

*-*-*-*-*-*-*-*- 成田市内での練習 *-*-*-*-*-*-*-

やあ。ここ成田はとても寒く雨も降っているが、代表は大変熱くそして無我夢中で練習に励んでいます。シンガポールは気温が高い事もあり、我々は天気が回復するのを一心に願っています。

我々は午前午後の二部練を行っており、ヨーロッパ組みは徐々にチームに合流しています。柳沢選手は既に水曜日から練習に参加し、昨日は鈴木選手が帰国し新たに加わりました。午前中の練習では、攻守の切り替えの特殊メニューを行い、そして午後には、順天堂大学と大変有効な練習試合が出来ました。スコアは圧倒的な7対1。  

日本人ファンの熱狂ぶりと写真撮影攻撃。今では携帯電話もカメラに早代わり。


パリを想わせる成田の町並み!? 背景のエッフェル塔をお見逃し無く!


午前中の練習。1対1、2対1、3対2、そしてフィニッシュを交えた攻守の切り替えの練習。 勿論、開始前には説明。


青が遠藤選手、そして黄色のビブスは加地選手。


圧倒した大学との練習試合。


もうすぐ練習へ出発の時間です。それではこの辺で、また後ほど成田から新情報をお届けします。



2004年03月22日(月曜日)

やあ。この土曜日の夜はブラジルからの有名人と再会した。東京でゼゼー・ジ・カマルゴとルシアーノのショウをズイープと言う店で観た。1500人以上も入っていたよ!ショウの前に彼らと楽しいおしゃべりをする時間が有った。特にゼゼーはサッカーが好きで、一度以前にセーハ・ドウラーダ(ブラジルのスタジアムの名前)でレオナルド〔歌手〕のイベントがあった時一緒に遊んだこともある。それで彼はあの時のことをショウの中で話題にした。カンタレリも一緒に居て、81年のフラメンゴ時代を彼は話した。ああ、あの頃のサッカーとメンゴン(偉大なフラメンゴ)が懐かしい!彼等はあと二回ここでショウをやって,その後米国へ行く。



ちょっと舞台から遠いけどショウの写真。右がゼゼーで左にルシアーノ。

カンタが一緒に居た。サンドラが撮ったもの


楽屋でゼゼーと立ち話、それにサンドラ、ルシアーノ、私とゼゼー。この二つの写真はカンタが提供してくれた。


>一覧へもどる