ジーコの日記

2003年10月18日(土曜日)

やあ、月曜日のフライトがだめで日本行きは火曜日の夜となった。家族や友人と少しの間一緒に居られる。友人といえば今週の土曜日にセンターに居たのは私の友人のファグネルだ。アントゥネス・スタジアムでサッカーをして会話を楽しんだ。その様子を彼は全部フィルムにおさめた。いまや彼は映画監督だよ。近く彼が撮ったミュージアムの様子を皆に紹介出来ると思う。

ファグネルは最近新しいCDをゼッカ・バレイロと製作したばかり。ここ数日でリオのラジオから良く"言葉と静寂"という新曲が流れているのを聞いたよ。久しぶりに彼を見たい人は日曜日の"ファウストン"に出演するので楽しみにしていてほしい。サイトでは私と彼のおしゃべりやインタビューを皆に紹介出来る様がんばっているのでもう少し待っていてほしい。

何枚かの写真で少しの間、我慢してもらって詳しくは後日。



私とファグネルは'82年に"Batuque de Praia"を吹き込んだ事がある。ミュージアムにその時の写真と今の写真が展示されているよ。



歌う事は今現在ファグネルにとっては一つのレジャーみたいな感じだ。彼が本当にハマっているのはビデオ撮影でそこら中を撮りまくっている。ミュージアム、サッカーコート等。

彼とは一緒にアントゥネス・スタジアムでボールをけった。


2003年10月14日(火曜日)

やぁ、みんな。今、私はリオに居る。Jリーグと代表ゲームの関係で少し時間が出来たので息子達(長男ジュニオールと次男ブルーノ)の誕生日を祝う為に一時帰国したという訳。リオには月曜日まで滞在する予定なので少しゆったりと皆で話しが出来そうだね。ところでメンゴのサポーターはもうカンカンだね。まぁ当然といえば当然だな。

>一覧へもどる