ジーコの日記

2003年10月3日(金曜日)

このところ忙しくてブローグにさく時間が取れなくて申し訳ない。参加してくれている皆には心より感謝する。もう少ししたら私ヨーロッパに行かなくてはならない。最初はイタリアでのゲーム観戦の予定だったのだが日本の選手が多分ベンチだとの情報なので土曜日にフラム対レイチェスターをロンドンで観て翌日、日曜日にロッテルダムでフェイエノールド対ローゼンデールを観る事にした。それぞれ、稲本、小野のプレーするチームだ。その後、パリに移動し代表チームと合流する。(月曜日の18時頃)その足でチュニジアに行く。その際、情報を送る事を約束するよ。

2003年9月28日(日曜日)

今日は新しいニュースとフォトがある。サンドラと共にミルトン・ナシメントのショーに行ったんだ。10年ぶりの来日らしい。連日会場は満員らしい。毎日、2回のショーがありファンを喜ばせている。場所は東京のブルーノートジャズというレストランバー。私とサンドラは友人のリカルド夫婦と行ったのだがその際、浦和レッズで活躍しているエメルソンと会った。ブラジル人の同胞が日本の地で良いプレーを見せているのは嬉しい事だよ。
ミルトン・ナシメントと楽屋にて撮ったものを含め数枚のフォトを紹介するよ。



下は彼のバンド



私とサンドラ、リカルドと奥さんのレニーニャとブルーノートジャズに於て



エメルソンを憶えているかな。サンパウロFCでプレーしていて後に日本へ来た。今は得点王争いは3位につけている。



さらにニュースを提供しよう。金曜日に仙台で第一回U-18の国際ユーストーナメントを観に行って来た。日本は1-0でイタリアに快勝。日本チームは大差で勝てる程、内容も良く、ただしA代表と同じ様にチャンスをのがしまくったのは残念だった。この問題は同チームの監督とも話し合った。ブラジル代表は時間の都合で観戦できなかったが東北選抜に大勝した。協会の野見山氏のコメントではゲームは一方的で特にレオ(フラメンゴ)とディエゴ・タルデリ(サンパウロFC)が良かったらしい。

いくつかのフォトを観て見よう。

仙台市長のフジイ・ハジメ氏と共に。市長の意向で同国際トーナメントが実現した。仙台もかなりサッカーに対して熱を入れている様だ。地元チームのヴェガルタはJ-2の時代平均20,000人のサポーターが常にスタジアムに応援しに来る様なすごさだ。
なぜ20,000人のみかというとスタジアム自体それ以上入らないからだという事。



貴賓席でU-18の日本代表戦を観戦する。



野見山、鈴木、田嶋氏(協会)とともに



このフォトは駅のフォームに入る為切符を自動改札機に入れているところ

>一覧へもどる