インタビュー

マウロ・ガルヴォンのインタビュー 

[2009.02.05]

昨年末に、サイトがインタビューした時、マウロ・ガルヴォンは2003年にバスコでスタートして、ボタフォゴ、ナウチコ とヴイラ・ノヴァを通じて監督のキャリアを積んだ。
そして監督としての仕事を再スタートする為のオファーを待っていた。

ブラジルで最高のDFのうちの1人であった頃の平静で、急いではなく、良いチャンスを待っていた。 2009年の初めに、新たなチャレンジのオファーを受けた。ガルヴォンは、彼がアイドルであったクラブの1つ、そして今年リベルタドーレス杯に出場資格が与えられた、グレミオのサッカー常務取締役になる招聘を受け入れた。

サイトのインタビューでは、元DFは監督としての仕事、バスコの2部降格やジーコとプレーしていた時代について語る、そして彼が世間に認められたポジションでのベストプレイヤーを示す。

Q:偉大なプレイヤーであったというあなたの事実は、監督としての仕事に対して大きな期待を持ってますか?

人々は、最善の結果となるように待ちます。しかし、時には、クラブには構造を与えることができず、結局ジレンマが生じてきます。しかし、私は落ち着いています。私は今まで自分の経験となったいくつかの良い仕事をしてきました。今、私は南部のクラブで働いています。そしてリオデジャネイロで他の仕事があります。時間と契約があると、落ち着いて仕事ができます。締結されたことにおいて遵守されます。良い結果を即座に出す必要があるブラジルでは、それは困難であります。

Q:どのようにあなたの監督としての仕事を評価しますか?

比較的よかったです。私は2003年にアントニオ・ロペスのアシスタントでした、その後私はバスコを指揮し14位で終わりました。当時24クラブでしたので、あまり上位ではないが、下位でもありません。途中での仕事を引受けるのは簡単ではありません。しかし良い経験でした。その後ボタフォゴに所属しました。私は良かったと思います。以前選手として活動した2つのチームを率いました。年明けに仕事をスタートして、好きな選手と契約ができれば良いのですが。優勝を目指して平静な州リーグをして、良い段階で全国リーグを始めること。ただそれは長年活動している監督にしか起こりません。

ブラジル代表時代のマウロ・ガルヴォン:2つのワールドカップ・1つのオリンピック出場と1989年のアメリカ・カップ優勝

1 


Q:あなたがアイドルであったバスコについては?

ブラジル選手権での2部降格をどのように受けました? 最近、バスコはタイトル争いはせずに、リーグに参加しているだけです。そういう事がこの状況に近づかせてしまいます。私が居た頃からそうでした。過去にはフラメンゴが危なかった。そして、ボタフォゴ、パルメイラスとグレミオは降格しました。バスコは難しいクラブです。別の政策方式で複雑です。分裂がありましたのでそれが妨げとなりました。選挙は行われずに結局取戻しでした。本当は、12月には新しい役員が入るはずです。それから計画をたて始めます。たとえ前の計画がよくなかったとしても、衝突状況になります。なんとなく空虚があります。誰が指導しているのか、わかりません。そしてバスコは2回も監督を変えました…全てが2部降格への招待。選手達は集中できず、そしてブラジル選手権は非常に困難です。多分、それほど多くの変化がなければ、バスコは倒れなかったでしょう。A役員またはB役員とは言いませんが、もっと冷静になれたでしょう。コリンチャンスは、また別の話ですが、回復して見本となります。

Q:ピッチの中でジーコとの対決はどうでした?

私はインテルナショナルとボタフォゴでプレーしていた頃に彼と対戦しました。ジーコは私の頭痛の原因でした。彼は得点を決める上に、ゴールの真正面に味方へパスを出していました。ジーコは、プラティニ、ジダンやロナウドと同じ位置にいます。私は、彼を非常に尊敬しています。1986年のワールドカップで一緒でした。負傷を克服してプレーできるための彼の努力を伴いました。私は非常に人物とプレーヤーを結合します。常に私の人生では、2つの顔を持たないようにしてきました。フィールドの中でやる事は、外側でもやります。そして、ジーコは姿勢を持つ人物の例です。子供たちには、そういう、ジーコ、ジナミッテやファルコンみたいな人物の見本が必要です。

Q:現在の「マウロ・ガルヴォン」、ブラジルで最高のDFは誰ですか?

チアーゴ・シルバとフアン。両選手とも、ブラジル人DFの特性をよく表します。 

in [インタビュー] |

ヴァーギネル・タルデーリのインタービュ-

[2009.01.13]

12月初めに、ヴァーギネル・タルデーリ主審はブラジル選手権セリエAのタイトルを決定する試合(ゴイアス対サンパウロ)ではじめて笛を吹くために首都ブラジリアで準備を……

鹿島アントラーズ・オズワルド オリヴェイラ監督インタビュー

[2008.05.15]

履歴にちょっと目を通してみるとなんと2000年FIFAクラブW杯優勝、1999年ブラジル全国選手権優勝(両タイトルともCorinthians)またVASCOを率……

「オスカール・シュミット」  

[2006.11.29]

もし我々が今までにブラジルのスポーツ界で起きた出来事のリストアップをするなら絶対に置き去りには出来ない事がある。それは1987年の米国インデイアナポリスで開催さ……

モラシー・サンターナ  

[2006.08.16]

近代的なテクノロジーを駆使してサッカーのために高レベルで質の高いなフィジカルトレーニングを施しているプロフェッショナルがいるとしたら、それはモラシー・サンターナ……

過去の記事はこちらから

[2006.07.28]

こちらのカテゴリの新着記事は、まだ更新されていません。 過去の記事はライブラリで閲覧できますので、よろしければご覧ください。

>ライブラリ:インタビュー

> 過去の記事一覧