ジーコの主張

ブラジル代表での倫理とフェアプレー

[2015.07.02]

最近私はブラジル代表が営業場所になるようであれば不快に思うとコメントしたことで論争の中心になっている。

サッカーの主要リーグに所属しない選手たち、一人のプレイヤーに依存するチーム、そして南米からのチームと対戦する困難。
私が批判したのはコパ・アメリカ(南米選手権)に参加した選手へではなく、また敗退について彼らを責めている訳ではないことをはっきりしておきたい。 一般のサッカー選手が現在の「ポップスター」的な姿勢である事は私を悩ます側面ではあるが、これはブラジルだけではなく世界的な現象である。
間違いなく、チリへ行った多くの選手は資質を持っているが、現在の代表チームの問題はより深い。
どんな批評においても、現在のブラジル代表監督は82年のW杯で戦った我々に攻撃をしかけて主張している。
その理由をいまだに私には理解できない。私が知っているのは、世界中に行った遠征や訪問において、特に82年の代表チームに所属していたお陰で私はいつも暖かさをもって歓迎されてきた。 私は自分のキャリアに誇りを持っているし、私が犯したミスについてもコメントすることに何の問題もない。
自分は問題の焦点を失うことなく、どんなテーマについても話す。そして、今後も私のキャリアは開いている。
今回の論点ではブラジルサッカーは現在厳しい状況にある。非常に簡単に問題点をすり替えている。昨年のワールドカップでの悲劇的な敗退の後、CBF(ブラジルサッカー連盟)は対応策を示すために急いだ。当時のCBF会長は、現在スイスで逮捕されている。
そして現在の代表チームの問題は、前日まで代理人を務めていたブラジル代表コーディネーターで始まった。 私はそこで不快感を感じた。私は常にGilmarと良好な関係を持っていた。フラメンゴでチーム役員になった頃の彼との会話をすぐに思い出した。いつかの夕食で、Gilmarは自身が役員になるためにプレイヤー仲介の事務所は閉鎖したことを私に言った。
彼はしっかりと言明したが、彼がフラメンゴを去った時、その仲介事務所の顧客として重要なレギュラー選手を連れて行った:Adriano、JuanとReinaldo。 私はその会話を忘れていない。チャンスがあれば、私は彼に同じ質問をするだろう:Gilmarはまだ代理人を務めている?
私の頭に浮かぶ最初の質問は、倫理である。特に代表チームのコーディネーターは選手選出や成績評価の会議出席に加えて、国内の下部組織の発展全体への権限を持っていることを確認しなくてはならない。 代表チームの「営業場所」については自然な関心事である。
ユースチームの強化の連続性の欠如から現在の代表チームが数年間苦しんでいることに気づくのは難しいことではない。 何年もの間プレイヤーはユースチームに選出された後姿を消してしまう。理由は多数あるかもしれないが、このことについて最近起こったことだと話しているわけではない。
CBFは、私を心配させる倫理的ジレンマよりもっと深刻な苦情や告発に携わってきている。ジャーナリスト、元選手やスポーツ有名人は時に核心を突く。私は実際に証拠がないので意見を述べることができない。
私が持っている印象は、代表チームを担当する元代理人の存在に対する不快な思いと、代表チームの選手がすぐに高く評価されること、若い彼らが必ずしも競争力のあるリーグに所属しているわけではない事、そして82年の代表チーム批判に執着している監督…
私は全てのサポーターと同じ事を望んでいる。ブラジルサッカーのために最善なもの。私は、今回の敗北、この新たな敗退と現在のCBF内のすべての制度的危機が、機関に民主主義と透明性をとる正当な変化の方向にブラジルのサッカーを向かせるように役立つことを願っている。
我々は勝利を望んでいるが、ゲームはピッチ内外でフェアプレーでなくてはならない。 とにかく、その方法で私はプレーすることを学んだ、これまでの人生で実践してきた。   では、また!  
4013

in [ジーコの主張] |

スペシャル・コネクション UEFA決勝の傾向

[2015.05.12]

先週には、チャンピオンズリーグの準決勝の第1戦が行われた。非常に異なった2つの試合では、ホームで戦ったチーム、JuventusとBarcelonaがリードしてい……

人生最高のカーニバル

[2014.03.12]

Quintino区のBernardo Guimarães 通りからPontal 通りまで、Juventude団体でのカーニバルは子供の頃から常に特別なパーティー……

ジーコサッカーセンターが19周年!

[2014.01.20]

ジーコサッカーセンターが19周年! 19年前、私はプローとしてプレーしていた頃から持っていた夢を実現し始めた。それは、Centro de Futebol Zic……

ジャイメとカンタレリ

[2013.10.02]

私はブラジルや世界中で広がっているフラメンゴの何百万人のサポーターの一人だから、フラメンゴの監督が誰であっても常に応援しているがある。私がドーハで伝え聞いている……

Zico 10プロジェクトという大きな誇り

[2013.08.23]

自分の現役時代には、若者たちに自分が学んだことを伝えたい思いが非常に強かった。Nova Geração(新世代)は、国内の社会的な問題点を背負ってできた訳ではな……

最高の思い出 

[2013.06.14]

コンフェデレーションズカップでブラジル対日本の対戦が行われる。今回はただのサポーターとして 自分も観戦する。ブラジルに対してはあまり話をする必要はないが、日本と……

Facebookによるサポーターとのイベント

[2013.03.21]

2002年よりサポーターとの交流をより深める為に公式ウェブサイトを持つことになった。私はサポーターと近づくための様々な取り組みを非常に楽しみにしていた。 私は色……

感謝の言葉

[2013.03.07]

正直ここ数 日間に私が感じさせてもらった感動を活字で表すのは難しい。心を揺さぶられる様な一連のエモーショナルな出来事が続いたが何と言ってもそのピークは2日 だっ……

イラク代表監督辞任について

[2012.12.15]

私は、サッカー界に入る時に、両親より与えられた良い環境と兄弟の支援を受けたことを誇りに思った。私が子供の頃に学んだ一つのことは約束を守ることだ。私は決して契約を……

フラメンゴでの良くない噂

[2012.11.29]

11月25日に、フラメンゴ は下部組織カテゴリで2つのカップを獲得し た。ジュベニールはArtsulを3-0で下し、ジュニオールはPK戦でBotafogoに勝っ……

> 過去の記事一覧