日伯友好カップ

愛と友情の友好カップ

[2023.09.02]

3年間のパンデミックを経て、復活したU-15日本ブラジル友好カップ。主催者であるジーコは、今年は会場のCFZジーコサッカーセンターで、毎日フル回転で大会を支えています。

ジーコのYouTubeチャンネル「Canal Zico 10」での試合生中継。開幕戦のつくば対ボアヴィスタ戦では、ジーコ自身がコメンテーターも務めました。

Photo_20230902135702

また、ノルテ対クルゼイロ戦の後では、ジーコがヒーローインタビューに乱入して「僕が通訳しようか?」と笑わせる一幕も。

Photo_20230902135607

ジーコを見ると、誰もが一緒に写真を撮りたいと思わずにはいられません。観客として来ている選手の家族や関係者はもちろん、対戦相手の監督やスタッフも、チャンスあらば、写真をお願いしています。

Photo_20230902135602

写真と言えば、鹿島、つくば、ノルテの選手とスタッフも、全員が一人一人、ジーコと2ショット写真を撮りました。みんな少しモジモジしながら撮ったわけですが、中には「マジか!」とチームメイトたちを笑わせるポーズをジーコに頼んだ選手も。

Photo_20230902135801

そんな風に、ジーコが愛情と情熱を注ぎ込む友好カップには、多くの人が訪れます。例えば、U-15ブラジル代表監督のドゥドゥは「選手の視察をする上で、非常に大切な大会」と言って、連日じっくり試合を見ています。

U15

鹿島OBの姿もあります。長年U-15ボタフォゴのコーディネーターを務めるのは、92〜93年に鹿島でプレーしたカルロス。

Photo_20230902135701

毎年、激励に駆けつけてくれるのは、92〜95年に中盤を守備を支えたサントス。今年はCanal Zico 10のコメンテーターを務める試合もありました。

Photo_20230902135601

大会中、話題となっているのは、アントラーズ3チーム、鹿島、ノルテ、つくばの選手たちの応援。試合のスケジュールによって、観戦に回っている時は、お互いに応援し合っているのですが、みんな声は大きいし、ノリがいい。ブラジル人の観客たちの中にも、アントラーズの選手たちの歌声に合わせて、うっかり一緒にリズムを取ってしまう姿が見られるほど、その迫力ある応援は大会名物になっています ♪

Photo_20230902135606

そしてもちろん、試合する時も気合い100%。プレーはもちろん、選手同士で声を掛け合う時も、ミーティングでも、個々に指導を受けている時も、真剣そのものです ♪

Photo_20230902135605 

Photo_20230902135604

日本とブラジルで健闘を誓い合ったり、激闘を称え合ったり、友好カップらしい場面も数多く見られます。

Photo_20230902135608

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura

 

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ