日伯友好カップ

4チーム、マラカナンの熱狂を体感!

[2019.09.02]

9月1日、日本勢4チームの午前中は、前日の準々決勝を戦った日本選抜と鹿島が、ホテル近くのビーチでトレーニング。
ノルテとつくばは、CFZジーコサッカーセンターで、地元リオの中堅クラブ、ヘゼンジとの親善試合に臨みました。

結果は、
ノルテ 1×3 ヘゼンジ
つくば 0×1 ヘゼンジ

午後は4チーム揃って、選手達が楽しみにしていた、プロの試合観戦へ。

Photo_20190902195702

Photo_20190902195704

Photo_20190902195705

Photo_20190902195801

選手達が到着したのは、あのブラジルサッカーの聖地、マラカナン!
みんなでキョロキョロしていたのもつかの間…

Photo_20190902195703

試合が始まると、もう会場の熱気に圧倒されまくりです。

Photo_20190902195706

Photo_20190902195602

Photo_20190902195603

というのも、この対戦はブラジル全国選手権第17節、フラメンゴ対パウメイラス、上位同士の直接対決。
しかも、ホームのフラメンゴは、先日リベルタドーレス杯では長年ぶりの準決勝進出を決めたばかり。
この全国選手権でも、上位を激走と、絶好調なのです。
サポーターはもう、熱狂、また熱狂。

Photo_20190902195604

Photo_20190902195605

この試合も、フラメンゴがパウメイラスに3対0と快勝。
その歓喜の渦に、選手達も巻き込まれてしまったほどです。

Photo_20190902195601

Photo_20190902195701

上位争いの白熱した試合と、国民のサッカーに対する熱さ。
選手達にとっては、サッカー大国ブラジルを肌で感じる経験となりました。

文=藤原清美、写真=池田博一 / Helio / Koji Kobayakawa / 高島雄大

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >