日伯友好カップ

4チーム、キリスト像の足元に立つ

[2019.09.06]

日本ブラジル友好カップ、遠征の最終日。
CFZジーコサッカーセンターで決勝を観戦した後も、プログラムは続きます。

まずは、コルコバードの丘での観光。
リオデジャネイロには、大会に出場するため、サッカーをするために来たのは当然ですが、ジーコも毎年言っているように、遠征先の良いところを知ったり、文化や食事、国民性など、現地でいろいろなことに触れるのも、大事なことなんです。

小雨が降ったり止んだりのこの日、天気が心配されたものの、こうしてキリスト像の足元に立ち、その巨大な姿を眺めることができました。

Photo_20190906220802

Photo_20190906220901

切り立つ岩山にあるため、そこから見るリオの景色も、最高です。

Photo_20190906220806

Photo_20190906220805

Photo_20190906220804

リオに来たら、ここは是非、見ておかないと、という場所だけに、選手達も楽しんだし、指導者の皆さんも一安心。

ちなみに、4チームのリオ滞在中、ホテルや移動、その他、滞在中に必要なことを準備して、付き添ってくれた、コーディネーター/通訳は、エリオさん、エジソンさん、こうじさんのトリオ。
毎年の常連スタッフなので、手慣れているし、コンビネーションも抜群。
こうして少し遠出をする時なども、移動中、天候の具合(キリストが見えてる!今なら大丈夫!)とか、渋滞の具合(ただいまココの付近は渋滞ナシ!)とか、こんなふうに…

Photo_20190906220801

Photo_20190906220803

常に写真やメッセージ、電話で連絡を取り合って、スムーズに、安心してプログラムをこなせるように進めてくれているんです。
日本から来るチームにとって、本当に心強い味方なのです ♪

文=藤原清美、写真=Helio / Edson / Koji Kobayakawa

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >