日伯友好カップ

日本選抜第1節、4対2でグレミオ撃破

[2019.08.29]


日本選抜の初戦は、ブラジル南部ヒオグランデドスウ州の2強の1つ、グレミオが相手。

Photo_20190829231301

Photo_20190829231302

Photo_20190829231403 

Photo_20190829231404

前半、日本選抜が先制点を決めた後、グレミオに1点を返され、1対1でハーフタイム。

Photo_20190829231802     

Photo_20190829231304

監督と選手、選手同士が確認し合い、臨んだ後半では、グレミオにも1点決められましたが、攻めては3ゴールを追加。

Photo_20190829231405

Photo_20190829232301

Photo_20190829232302

Photo_20190829231401

Photo_20190829231303

最終的に4対2と、強豪を撃破しました。

Photo_20190829232601

Photo_20190829232602

<試合>
日本選抜 4×2 グレミオ

GK:海本
DF:西、渡邉、中野、伊藤
MF:岩崎(濱田)、緒方、行徳(寺坂)、松村
FW:小原(竹内)、末谷(後藤)

日本選抜の得点者
伊藤大和、末谷誓梧、緒方夏暉、小原由敬

★小原由敬選手の感想

Entrevistayoshitakaohara(Q:今日のゴールシーン)自チームとして、青森山田高校に行ってるんですけど、こぼれたボールのカバーというのは、そこでずっと言われていることで、それが意図的に出来たのかなと思います。で、こぼれてきたので、後は冷静に決めるだけになったのが、良かったんじゃないかなと思います。

(Q:ブラジルの選手、チームの印象)ブラジルのチーム、というか、海外のチームって、日本よりチーム力が劣っているのかなと思っていたんですけど、今日のグレミオはすごいチーム力もあって、走れる選手も多くて、そういう走力のところで苦労した部分はありました。でも、日本もミーティングを重ねてきて、みんなでやることを共通意識でしっかり持っていたので、それは、こちらも出来た部分だったんじゃないかなと思います。

(Q:この遠征で学びたいこと)早生まれだから、自分より1つ下の年代なんですけど、世界でどれだけ自分が出来るのかっていうのは、この遠征で測りたいですし、それで得たものを、自チームで活かしてきたいなと思います。

★星原隆昭監督の総括


Entrevistatecnico_20190829233501(Q:今日の試合の総括)30時間かけて選手達も来ている上に、選抜チームなので、コンディションがバラバラなんですよね。こっちへ来る前日まで、公式戦を戦っていたり、公式戦に出られなかったり、チャンピオンシップに負けたりして、一週間ぐらい何もしてなかった選手もいますし。

そういった中で、こういうグレミオっていう、日本でも非常に有名なチームの下部組織と試合が出来て、しかも勝てましたしね、非常に、良かったなというふうに思っています。

ただ、特に前半は、やはり遠慮がちなところもあり、グレミオの個々のパワーに圧倒されたようなところもあったので、最初から力を出し切れるようにならないと。そこはちょっと経験不足というのが出たのかな、というふうに思いました。

(Q:この遠征で選手達に学んで欲しいこと)このチームは「日本選抜」。この後すぐに、アジアの選手権の1次予選が始まるんですけども、その日本代表に選ばれた選手も中にはいるんですが、大半はそれ以外の選手で、来てるんです。

ただ、彼らも代表の招集歴はあったりして、一つの代表だっていうことで、森山監督からもメッセージを頂きながら、今回来たんですね。だから、1人でも多く、日本代表に入ることが出来るように、今年の1次予選が無理でも、来年のアジア最終予選や、その次の年の本戦に入って行けるように、個人で頑張ろうぜと。個々の能力アップということでは、1つ、そういうことがあります。

ただ、チームとして遠征して、大会に出場する限りは、勝つっていうことにもこだわりながら、もちろん、やっていこうということで、スタッフ共々、そういうスローガンで来ています。

(Q:監督自身のテーマ)本当に、国民性が違うと言いますか、ここのジーコセンターに入ってきても、ブラジル人の子供達が気軽に挨拶してくれますし、そういったおおらかな選手達を見ながら、そのプレーはどうなのかな、というところに興味がありますね。

1つ、日本のストロングには、連動性と言いますか、みんなでやるんだ、というところがありますけど、そこにはやっぱり個人の力が必要になってくるんで、今日見て、ブラジルの選手は、あんまり連動というよりは、個々を上げているんだな、という感じがしました。

だから、そういう個人の戦いでは負けない、というところを、日本の選手達にも経験してもらえるといいな、という風に思っています。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >