日伯友好カップ

ノルテ第3節、ボタフォゴに2対1勝利しながらグループリーグ敗退

[2019.09.01]

ノルテの第3節は、ボタフォゴとの対戦。

Antesdejogo1_20190901021701

強豪相手とは言え、ノルテの条件も、まずは自分達の試合に勝ち、他の試合の結果を待つ状況。 

Imgp7563 

Imgp7558

Imgp7579

Imgp7577

キックオフ直後、ゴール!と思われたシーンがありましたが、オフサイド。
その後、前半は堅実に戦い、まずは0対0。

Imgp7565

Imgp7567

Imgp7568

Imgp7574

Imgp7575

後半、試合が動きます。
ボタフォゴに先制されるものの、ノルテもすぐに1点を返し、同点に。
そして、追加点を奪い、最終的に2対1。

Imgp7580

Imgp7582

Imgp7586

Imgp7588

リオの4大クラブであるボタフォゴを相手に、絶対条件だった勝利は達成しました。
しかし、隣のピッチで行われた試合の結果により、ノルテの決勝トーナメントは、惜しくも実現しませんでした。
それでも、力を出し切った選手達には、笑顔が見られました。

Imgp7610

<試合>
ノルテ 2×1 ボタフォゴ

GK:館野
DF:瀬戸、森島、木内、安藤(小野)
MF:沼田(畑中)、大山、岡野、伊藤
FW:武田、田上(横塚)(辻村)

ノルテの得点者
岡野楽央、伊藤修斗

★天野圭介監督の総括

Entrevistatecnicoamano_20190901021601(Q:今日の試合の総括)勝たなければいけない、という状況だったので、そこに向けて全員で、自分達で出来ることをしっかりやって、勝利を目指してやろう、というところで、ゲーム前から話をしていて、選手はそれをしっかり表現してくれて。

自分達のミスで、前半、1点先に取られてしまったんですけど、崩れることなく、後半もしっかりと集中して攻撃続けてくれました。後半はビッグチャンスも何度もあるところを、決めきれないことが続いたんですけど、そこからゴールを決めて、逆転するところまで持っていったのは、選手達が素晴らしいプレーをしてくれたということだと思います。

最後、ボタフォゴに勝って、決勝トーナメントに上がれなかったんですけど、やれることを全てやり切ってくれた、というところでは、良い3ゲームだったと思います。

(Q:選手達が得たもの)まず、ノルテチーム、つくばチームが決勝トーナメントに上がったことは、今まで1度もないよ、という話を選手達にして、そういった意味では、すごく歴史的な瞬間を作れる可能性がある、というところで、彼らはすごく目的意識、目標を持っていました。その上で、全然臆することなく、ブラジル人相手だから、というコンプレックスも何もなく、やってくれたっていうのは、すごく成果が大きいんじゃないかな、というふうに思います。

プレーでも、守備面では、選手達は3試合を通して、すごくきっちり出来て、相手を抑えていますし、その辺は大きな成果として、あると思います。

あとは、次に向けて攻撃面が良くなれば、これはもうブラジルでも、コンスタントに予選リーグ突破するっていうような瀬戸際まで、いつも持っていけるんじゃないかな、という手応えは、少し感じました。

(Q:ブラジルに関して)やっぱり変わっているところと、変わっていないところとあって、去年感じたように、サッカーに対する考え方が、変わっているクラブは、変わっていて、ヨーロッパ的なものを取り入れているところもある、というのを、再確認出来ました。

変わっていないところでは、下のカテゴリーから培った、個人のプレーの仕方。その質っていうのも高いので、そこがやっぱり、攻撃面で追いついていけば、いいのかなと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >