日伯友好カップ

夢は続く、友好カップ鹿島編

[2019.01.09]
あけましておめでとうございます!

昨年は、ジーコの鹿島復帰というビッグニュースがあり、そのジーコのいろいろな活動、そして鹿島アントラーズの活躍は、1年を通して、本当に心が躍るものでした。

鹿島アントラーズは、2018年U−15日本ブラジル友好カップで決勝トーナメントに進出。
プロチームは、悲願のアジアチャンピオンズリーグ優勝を達成。
その後、クラブワールドカップに出場し、メキシコのグァダラハーラを破りました。
その強さの秘密とは。
これを読んで下さっている皆さんは、常に応援し続け、たくさんの秘密をご存じかと思います。
その重要な1つが、下部組織時代からの国際経験。
そこで、昨年12月になりますが、2018年の日伯友好カップ、鹿島アントラーズ編を、Planeta Kiyomiにアップしました。

181213copadaamizadekashima

YouTubeはこちら
Facebookはこちら
選手達の戦いぶり、ジーコはもちろん、天野監督や選手のコメントなど、3分半に、ギュギュッと大事なものを詰め込みました。
日本ブラジル友好カップの公式テーマソングにのせて、まだ、ご覧頂いてない方々は是非、すでにご覧頂いた方も、もう1度、観てみてくださいませ!
今年もよろしくお願いします ♪
文=藤原清美、写真=Planeta Kiyomi

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >