日伯友好カップ

Jリーグ選抜、グレミオを撃破し準決勝へ

[2018.09.01]

日本ブラジル友好カップ、今年もいよいよ決勝トーナメントに突入しました。日本勢の中からは、Jリーグ選抜と鹿島アントラーズの2チームが、準々決勝に進出!
そのJリーグ選抜の相手は、グレミオです。

この日から、鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務めているジーコが日本から到着し、選手達の戦いを見守ってくれます。

Photo
みんなで確認し合い、気持ちを一つにして、キックオフ!

Photo_2
Photo_3
しかし、グレミオに先制され、0対1で前半を終了。

Photo_4
Photo_5
Photo_6
Photo_7
Photo_8
炎天下の試合、前後半2分ずつの給水タイムが取られるほどの暑さの中、試合もヒートアップ。

Photo_9
そして迎えた後半、Jリーグ選抜がリズムを掴みました。野澤零温選手が2ゴール。この時点、フラメンゴの選手と並び、大会得点ランキングトップに立ちます。
攻めては破壊力を取り戻し、守っても相手の猛攻をしのぎきり、2対1と逆転勝利。Jリーグ選抜が準決勝進出を決めました。

Photo_10
Photo_11
Photo_12
Photo_13
Photo_14
Photo_15
Photo_16
<試合>
Jリーグ選抜 2×1 グレミオ

GK 波多野
DF 三浦(菅原)、木村、恒岡
MF 夏山、安藤(石井)、中村尚輝、本田(山根)
FW 中村仁郎、豊田、野澤(工藤)

Jリーグ選抜の得点者
野澤零温(2得点)

★野澤零温選手の感想

Photo_17

(Q:今日の試合)最初、結構チームが押されてて、失点もしてしまったんですけど、やっぱり、すごく点を取りたくて、逆転したいという気持ちが強かったんで、自分が2点取れて、チームの勝利に貢献できたことは、すごく誇らしいと思います。

(Q:最初のブラジル人、ブラジルのチームの印象)すごく身長が高くて、身体能力も高くて、日本とは全く違うようなタイプのディフェンダーが多くて、最初はすごく、てこずっていたというか、すごく難しかったです。

(Q:その中で、得点ランキングトップのところまでやれている要因)そうですね、自分の特徴をしっかり活かして、最初にそれが出来た時に通じたんで、それをしっかり貫き通してやっていけば、自ずと結果はついてくるんじゃないかな、ということでやってきました。

(Q:その特徴とは?)スピードが特徴なんで、結構それで仕掛けたりして、点も取れてるんで、この先もしっかり続けて、チームのためにやっていきたいと思います。

(Q:目標)優勝と、自分は得点王を狙っています。


★田中智宗監督の総括

Photo_18

 

昨日までに全員が試合に出て、首位通過することができて、ここまで来たのは、本当に選手みんなの頑張りもありますし、試合前、そういうことを伝えながら、今日のゲームに対しても、しっかり入って行こうっていう話をしました。

まぁ、先制されて、前半は苦しかったんですけど、後半、選手交代も含めて、もう1回自分達の時間作って、最後、逆転して勝てたというのは、本当に良かったですね。

僕以外にも、毎日、分析の映像編集してくれているコーチ陣とか、トレーナーの荻道さんも、常に選手のケアをしてくれたりとか、竹内さんも、常に選手のことをマネージメントしてくれてて、選手、スタッフ含めて、一体感持って戦えているのが一番良かったし、それが結果として、勝利に繋がっているのが嬉しいですね。

★この試合は、ジーコのFacebookで生中継されました。現在も録画でご覧頂けます。

リンクはこちら。
https://www.facebook.com/ZicoOficial/videos/311812162918337/

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >