日伯友好カップ

鹿島、フルミネンセに敗れて準々決勝敗退

[2018.09.01]

準々決勝、日本勢のもう1つの試合は、鹿島アントラーズ。

いつもはアウェームードのスタンド。この日は応援に回ったノルテやつくばの選手、この試合も大事な視察のチャンスである指導陣で、Jリーグ選抜とフルミネンセサポーターが、五分五分という雰囲気です。

Photo_19
Photo_20
試合は鹿島がまさかの失点で、前半0対1。

Photo_21
Photo_22
Photo_23
Photo_24
Photo_25
ハーフタイムを経て、ピッチに戻った鹿島は、バーを叩くような、惜しいシュートが2つあるほどの、猛攻を開始。いつゴールが入ってもおかしくない戦いに、延長戦の予感もし始めた後半、しかし、フルミネンセにさらに1点を追加されます。
最終的に0対2。内容的には全く互角だっただけに、悔しい準々決勝敗退となりました。

Photo_26
Photo_27
Photo_28
Photo_29
Photo_30
試合後、悔しいままの表情の選手達に、大会コーディネーターのフェルナンド・バヌッチさんからは「ここで敗退してしまったけれど、鹿島のここまでの、そして今日の戦いを、自分も、ジーコも本当に誇りに思っています。自信を持って、これからも頑張って下さい」という、言葉がかけられました。
そして、ジーコの息子であり、ジーコ10スクールの会長であるチアーゴさんから、ここでの活躍への「おめでとう」という言葉と共に、大会参加記念の盾が授与されました。

Photo_31
Photo_32
Photo_33
<試合>
鹿島アントラーズ 0対2 フルミネンセ

GK 高橋
DF 山口(小村)、福原、溝口、小林
MF 村山、伊藤(垣田)、渕上、磯良(五町)
FW 菊池、中山(佐藤)

★天野圭介監督の総括

Photo_34

決勝トーナメント1回戦ということで、試合前からすごく良い状態でゲームの準備をして、選手達の顔を見た時に、すごくやる気に満ちあふれていて、そのまま、試合の入りも内容も、すごく良いものであったかな、という風に思います。

その中で、相手のミドルシュートが入ったっていうところで、それ以外に関しては、自分達がやるべきことや、やりたいことっていうのが出来ていたので、その試合内容に対して、試合の勝負っていうところでは、すごくそれは悔やまれます。あの失点が勝敗を分けてしまったかな、というふうに思います。

ただ、失点してからもチャンスを作ってましたし、バーに当たったシュートも2回あって、ゴールすることは出来なかったんですけど、最後まで自分達の出来ることっていうのをやり続けて、フルミネンセ相手にも、それを表現してくれたっていうのは、すごく前向きに捉えていいかな、というふうに思います。

ただ、結果としてはもう、みんなが感じている通り、本当に上に行きたかったっていう、その思いだけなんで、それを実現できるように、また頑張りたいなっていうふうに思います。


★文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >