日伯友好カップ

Jリーグ選抜準決勝、接戦の末に敗れる

[2018.09.02]

日本ブラジル友好カップ、日本勢から唯一、準決勝へ進出したJリーグ選抜。
この試合はジーコのFacebookで生中継されました。しかも、ジーコ自らが、この試合のコメンテーターを務めてくれました!

Zicocomentarista
試合前、選手達の明るい表情も、真剣な表情も、見ていて頼もしくすら感じられます。

Photo
Photo_2

準決勝の相手は、フルミネンセ。この日も晴天、給水タイムが取られるほどの暑さの中、序盤からの激闘。しかし、この日のJリーグはやや押され気味で、フルミネンセに先制点を奪われます。

Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo_6
Photo_7
準々決勝でも逆転勝利をおさめたJリーグ選抜。ハーフタイムにはいつもの通り、監督からチームへ、また選手個々への指示があり、選手同士も落ち着いて確認作業を行い、後半に臨みます。

Photo_15
Photo_8
Photo_9
フルミネンセのシュートがバーに当たったり、GK波多野選手のスーパーセーブがチームを救うなど、ピンチもある一方、追加点へと焦るフルミネンセから、Jリーグ選抜がボールを奪い、攻め込む場面も多く、フルミネンセの監督は、選手達に何度も「落ち着け!」と指示を出しています。

Photo_10
Photo_11
Photo_12
Photo_13
互いに攻め合いながら、両チーム、相手のゴール前まで攻め込みながら、なかなかそのゴールを割れません。じりじりとした展開は試合終了のホイッスルまで続き、最終的に0対1。Jリーグ選抜は勝利をあげることはできませんでした。

Photo_14
ピッチに崩れ落ちたJリーグ選抜の選手達に対し、フルミネンセの選手達が1人1人、手を差し伸べて、立ち上がるのを助けています。互いの激闘を称えあう。これも、友好カップが教えてくれるスピリットです。

<試合>
Jリーグ選抜 0×1 フルミネンセ

GK 波多野
DF 木村、恒岡
MF 夏山、菅原、安藤、中村尚輝、本田
FW 中村仁郎、豊田、野澤

★中村尚輝選手の感想

Photo_20

(Q:今日の試合)ゲームを通して、ボールは持てたと思うんですけど、前半の早い段階で失点したところが、試合を通して響いたところじゃないかなと思います。

(Q:Jリーグ選抜はこの大会のために結成されたチームなのに、ブラジルに来た最初から、仲良かったし団結していた。その秘訣は?)ブラジル入る前に、国内で2日間、一緒にサッカーやったんですけど、その中で、お互いの特徴だったり、自己主張だったりっていうのを聞いて、そういうところで、みんなが個人のプレースタイルっていうのが分かったし、そういう中で、良いゲームが出来たんじゃないかなと思います。

(Q:ブラジルのサッカーの印象と、それに対する自分達の対応)体格では勝てない、というのは、来る前から分かってたことなんで、どれだけボールを握れるかっていうのを、常に考えてやってきて、勝利に結びついたんじゃないかなと思います。



★田中智宗監督の総括

Photo_21

ボールを動かしながら、前に進んで行くっていうところで、やろうとしていることは、選手達、すごくやろうとしてくれたんですけど、前に行ってボールを失った時に、やっぱりカウンターっていうところで、なかなか相手もすごく力のある選手がいて、そこでカウンターを止めるっていうことができなくて、2次攻撃、3次攻撃っていうのができなかったので、選手達にとっては、やっぱりすごく難しい試合になったんじゃないかな、とは思います。



★この試合は、ジーコのFacebookで生中継されました。現在も録画でご覧頂けます。
リンクはこちら。
https://www.facebook.com/ZicoOficial/videos/1018861264964474/

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >