日伯友好カップ

Jリーグ選抜、歴史的大勝5対1

[2018.08.29]
熱戦の続く日本勢初日、最後を飾ったのは、午後2時15分キックオフ、Jリーグ選抜対クルゼイロ。
クルゼイロは、ミナスジェライス州でアトレチコミネイロと並ぶ雄、国内屈指の強豪です。そして、国内有数の素晴らしい施設を持ち、育成にも定評があるビッグクラブ。

Photo_22
Imgp3040
Imgp3044_3
Imgp3051
そんな中、Jリーグが相手を圧倒。試合を優位に展開し、前半だけで3点を先制します。実際のところ、他にも2つ、惜しいシュートがあったほど。
逆に「守備も固い、GK(波多野選手)には、ほとんど仕事がないほどだ…」とは、スカウティング映像を撮っていた、クルゼイロスタッフのつぶやき。

Imgp3052_2
Imgp3062_2
Imgp3073
Imgp3077
Imgp3100
後半は相手の攻撃も巻き返しを始め、FKから1点を返されるなど、ウォーミングアップをする選手達も、思わず足を止めて、見てしまいがちなほどの激戦に。

Photo_23
Photo_24
しかし、終わってみれば、5対1、Jリーグ選抜が歴史に残る大勝をおさめました!

Photo_25
<試合>
Jリーグ選抜 5×1 クルゼイロ

GK 波多野
DF 木村、恒岡、増村(工藤)
MF 夏山(三浦)、安藤、中村尚輝(阿部)、本田
FW 中村仁郎、豊田(菅原)、野澤(山根)

Jリーグ選抜の得点者
豊田晃大、野澤零温(2点)、山根顕星、中村仁郎

★田中智宗監督の総括

Photo_26

南米のブラジルに来て、クルゼイロという名門と試合が出来るということで、選手達もすごくモチベーションが高かったですし、その上で、まぁ、現状がまったく分からない中でのゲームなので、まずは自分達ができることをやろう、ということでゲームに臨みました。選手達はゲームの入りからしっかり戦い、前半で3点取ってくれましたし、3、4日前に初めて会った選手達なんですけども、本当にもう1つのチームになって、すごく頼もしく戦ってくれたな、というのが、素直な印象です。


(この大会、遠征を通して)選手達に、これをつかんで欲しいというのは、ちょっと僕も分からないんですけど、多分、ここに来ないことには、分からないことっていうのが、間違いなくあると思うんですね。例えば、サッカー文化だったりとか、例えば、相手の選手のサッカーに賭ける気持ちだとか、人それぞれ、選手それぞれによって、感じ方が違うと思うんで、「これを感じて欲しい」というよりも、本当に何か、今後のサッカー人生に活かせるものを、1人1人が持ち帰ってくれればな、というのが、素直な気持ちです。



僕も初めてブラジルに、こういう形で来ることが出来て、Jリーグの関係者の方々には、本当に感謝したいと思っています。選手と一緒で、これっていうものは、今はまだ分からないんですけど、多分、ここに来たからこそ、帰る時、もしくは帰ってから、すごく感じるものがあるんじゃないかなと思っています。それを本当に楽しみにしていますし、まずはこのチームの優勝を目指して、頑張ることが一番だと思ってますんで、そのために、1日1日大事にしたいと思っています。



文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >